GIA通信 vol.76「世界中の物の価格差を知る」

GIA通信 vol.76「世界中の物の価格差を知る」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

東南アジアで生活をすることになって
早いものでほぼ3年が経ちました。

日本を離れる時に
新たな環境に対する期待、
ワクワク感を感じると同時に

何ともいえない不安感で
押しつぶされそうになったこと
今でもはっきりと覚えています。

我々がお伝えしている海外の生活は
楽しく、いい事ばかりのように
聞こえるかもしれませんが

当然のことながら
そんないい事ばかりではありません。

国の文化・慣習の違いから
なかなか思うように事が進まず
本来ならば必要のないストレスを
感じることも多々あります。

そんな中で、私の内で確実に
あるモノが変化してきました。

それは一体何か?
続きは【編集後記】にて

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  この原稿を書く前に
 昼ごはんに行ってきました
■□━━━━━━━━━━━━━□■

タイトル通りですが、
この原稿を書く前に、
昼ごはんに行ってきました。

タイ料理で有名な
パッタイというのを
食べたんですね。

お腹一杯ですが、
40バーツ(約124円)
でした。

ドリンクを付けても
だいたい150円。

日本で働いてた時は、、、
外食ランチは500円~1000円くらい
使っていたような気がしますが、、、

マレーシア、タイに
来てからこんな生活を
しております。

これが普通になっており、
日本帰国時にちょっとカフェ入って
500円とか取られたら、、、
発狂してしまいそうです^^;

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  出費が激減するので、
  お金が貯まる
■□━━━━━━━━━━━━━□■

これは、
誰もが言わずとも
分かると思いますが、

日本から東南アジアなど
新興国への生活に移ると、
先程の昼ごはんの例も含めて、
出費が激減します。

通常、
お金を貯める事を考えた時、
方法は2つに大別され、

1. 収入を増やす
2. 支出を減らす

ですが、

支出を減らす事に
フォーカスを当てた時、、、

どうしても、
「生活のグレードを下げる」
「節約」
「無駄なものを買わない」
「家計簿で管理」
と、、

何やら「我慢する」事を
連想してしまいがちです。

しかし、
東南アジアに移動した場合は、
我慢せずに、出費が抑えられます。

本当に我慢してないの?
東南アジアだから生活大変じゃないの?

当然、私は日本人なので
和食の方がタイフードより好きですし、
日本の方がインフラも整い便利です。

ただ、例えば
ランチ1食

タイ: 150円
日本: 750円

としましょうか、

日本のランチの方が、
値段相応に5倍美味しいかといえば
答えは“No”です。

ランチ1食の満足度に、
それほど大きな差はないんです。

満足度がさほど下がらなければ、
安い方がいいじゃん。ってなるんです。

和食を食べたかったら
今の東南アジアであれば、
和食屋さんに行けば食べれますしね^^

インフラも鉄道網が
整っていて移動に
全く問題がない状態です。

だから支出を減らす場合は、
東南アジアの生活に変えてみる!
というのも面白いと思ってるんです。

とはいえ・・・

こんな話をしたものの、

多くの方が、そう簡単に
東南アジアに住めない事を
知っていてあえてこんな話をしています^^;

要するに“価格差”がある
ということを理解して
頂きたいんです。

価格差があるということは?
そこにビジネスチャンスがある・・・
そういう意味を含んできます。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
   世界の価格差を知る
■□━━━━━━━━━━━━━□■

これまで昼ごはんの話を
してきましたが、
当然、価格差があるものは、
昼ごはんだけではありません。

私がタイに住んでいるので、、、
分かりやすい例を出しますが、

日清カップヌードルの例を
出しましょう。(また食べ物ですが)

日本で、人気すぎて
販売中止になっている
トムヤンクン味。

詳細はこちらです
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA36

URLを見て頂ければ分かるように、
日本で170円します。

でもタイではそこらのコンビニで、
45円で入手できてしまいます。

販売中止になってからは、
日本のヤフオクなどで、
250円とか600円とかで
売られていたと記憶しています。

これをお土産だという事で
タイで大量に買い込んで、
日本で売る? というのも面白そうです。

これは工場がタイにあり、
タイの人件費が安いから
この価格差が発生するんですね。

他には、
マレーシアのフィギュア屋さんで
見つけたのですが、

こんなのいかがでしょうか
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA37

上記の通り、
Amazonで3万円で売られているものですが、
マレーシアで80リンギットで
発見したんです。

80リンギットっていうのは、
約2400円ですね。

黒執事?というのは
よく知らないのですが、
たまたま価格差を調べたら、、、
驚くべき価格差があったわけですね。

どうですか?
価格差面白くないですか^^?

ビジネスの基本は、
安く仕入れて高く売る
ですが、、、

世界に目を向けて見ると、
こんなに色々なチャンスが
あるわけなんです。

先日タイでお話をした方も、
タイでアクセサリー・雑貨を仕入して、
日本で5倍~10倍の価格で売ってる
なんて話をしていました。

それでご飯食べてるんです。

この価格差を副業で利用し
稼いでいる人もいますしね。

世界は広いです^^

世界中の価格差の話。
もうちょっと書きたい事があるのですが、

長くなってしまうので、
来週に続けますね。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
大富豪が読む書籍から学ぶ (7)
「商品の時代」
■□━━━━━━━━━━━━━□■

大富豪が読む書籍紹介コーナー。
第7弾。今回も経済の本です。

タイトルは、
「商品の時代」
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA38
です。

世界的にも有名な投資家であり、
バイクで世界六大陸を冒険した
ジム・ロジャース氏の著書です。

ジョージ・ソロス氏
ウォーレン・バフェット氏
に並ぶ、世界三大投資家の一人とも
言われている方です。

投資家としては、
あまりに有名人なので、
私が説明するまでもないですか^^;

このジム・ロジャース氏。

先日、
「二十年後、日本の歴史を振り返った時。
 安倍首相は、日本経済を破壊した張本人として
 語られるであろう」
と発言した事が話題になりました。

世界三大投資家として有名であり、
かつ彼は、類まれなる「先見性」を
持っていることで知られるため、、、

非常に重い言葉として
私は読み取りました。
日本、、、どうなる事やら。。。

そんなジム・ロジャース氏が、
10年ほど前に書いた書籍になります。

これからは商品が上昇する!
という旨の話を書いていますが、、

株式市場と商品市場は、
約20年周期で交互にピークを迎える
という独自の理論を展開しています。

そして、彼自身、
60年代後半に、誰も商品に目を向けず、
株式ばかりを推奨していた時に、
商品を購入し、大きく稼いだとのこと。

歴史的な話を書いていくと、

株式が大きく高騰したのは・・・

1929年:世界大恐慌の直前まで
1971年:ニクソン・ショックの直前まで
2008年:リーマン・ショックの直前まで

が挙げられます。

40年~50年のスパンで
バブルがおき、暴落しています。

一方、商品相場の高騰は、、、

1949年:第2次世界大戦の物資不足バブル終了まで
1983年:石油危機後のOPECの行き過ぎまで

という事で、
こちらも約40年置き。
に高騰しています。。

で、並べて見ると、

■1929:株バブル→世界恐慌

◆1949:世界大戦→物資不足バブル崩壊

■1971:株価上昇→下落トレンドへ(ニクソン・ショック)

◆1983:商品バブル→暴落(OPECの行き過ぎ)

■2008:住宅バブル→リーマン・ショック

と、、交互に
株と商品のバブル崩壊が起きている
という話になります。

そしてまぁ今、、、
リーマン・ショック時の
石油1バレル140ドルは行き過ぎたとしても、

石油価格は90ドル程度で
高止まりしています。

ジム・ロジャース氏の言うことを
鵜呑みにしてはいけませんが、
この歴史の流れを考えると、

2020年くらいに、
商品バブルが起きる?なんて
想像をする事ができますね。

じゃあなぜ、
この商品と株の交互のバブル崩壊が
起きるのか?

それは・・・
この本を手にとって
彼の理論を確かめてみてくださいね^^

説明が止まらなくなって
しまうので(笑)

なかなか商品について
ここまで深く書かれた本もないので、
面白いと思いますよ!

1つの知識として
読んでみてくださいね。

ちなみに私がはじめて
この本を読んだ直後に・・・

バフェット氏が
銀を買い漁ったという
ニュースを聞いて、
笑ってしまいました。

あと、、商品市場は、
投機マネーが動きまわってる市場なので、
素人は近づかない方がいいです。
あくまで大局を学ぶ手段としてお楽しみください。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  お金の知恵の塊コラム
「世界のどのエリアに投資をするか?①」
        by がの 
■□━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは。
お金の知恵の塊コラムを
担当しています「がの」と申します。

私の簡単な自己紹介につきましては、
5月4日配信のGIA通信で書いていますので、
よろしければ、バックナンバーをご参照ください
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA64

今回のテーマは、
「世界のどのエリアに投資をするか?」
です。

前回は、
成長するエリア・都市よりも、
その“隣”のエリア・都市の方が、
より大幅な成長をしますよ!
そこを狙うのが投資のセオリーですよ!!

という話をしました。

しかし、
少しお待ちください。

この隣のエリアを狙う投資には、
条件があります。

少し考えてみれば分かりますが、

隣同士といえども、
韓国が成長したからといって、
北朝鮮が成長したわけではない
というような例がありますものね。

その条件とは、

隣のエリアを見る時に、
両国の関係がよく、互いに手を取り合う、
協力関係があるか?

ということです。

片方が成長したからといって、
仲が悪ければ、
一緒に成長できないわけです。

その点に注意しましょう。

で、現時点で
その隣接関係にあって、
一緒に成長していくような
エリアは世界にあるのか?

はい、
実は東南アジアにあるのです!

実は、私が以前住んでいた
マレーシアのジョホールバルが
そうなのですね。

ジョホールバルの位置は、
マレーシアの最南端です。

ジョホールバルの名所として、
「ユーラシア大陸最南端の地」
みたいなのもあったりします。

さて、
世界で最も成長している国の1つ
シンガポールに隣接しているのが
マレーシア・ジョホールバルです。

実は、もともと
ジョホール州の国王が
シンガポールを敵対視しており、

反シンガポール政策を
とっていたため、仲が悪く、

それこそ、
韓国-北朝鮮というわけではありませんが、
一緒に成長する基盤が無かったのですが、

2010年にジョホール州の全国王が亡くなり、
親シンガポール政策をとる国王に
変わってから、
ジョホールバルが急成長しています。

マレーシアが2020年に先進国入りすべく、
1つのプロジェクトとして、
「イスカンダル計画」という開発計画が
進んでおります。
(アジア史上最大の開発計画です)

2018年には、
シンガポール-ジョホールバルの
地下鉄網が完成し、

また、

シンガポール

ジョホールバル

クアラルンプール→…

と繋ぐ高速鉄道計画も進んでいます。

シンガポールでも
ジョホールバルの不動産や
この計画のCMが流れ、
お互いに成長していく基盤ができています。

先日の記事に書いた、
香港-深圳、マカオ-珠海の位置関係に
非常に似た形をしています。

ところで面白いのですが、、、
私の家(ジョホールバル)から、
海を挟んで、対岸が
シンガポールということで、
向こう岸が見えるのですが、、、

ほんの眼と鼻の先に見えるにも関わらず、
岸を渡っただけで、不動産の価格が4倍
になるのです(笑

シンガポールの中心部と比較すると10倍
も不動産価格や家賃が違ったりします(笑

 
車で30分の距離なのにですよ?

例えば、
シンガポールで6億で購入できる不動産が
ジョホールバルだったら
6000万で購入できるのです。

ちょっと6億高いな・・・と思う人が、
30分車で行ったところに同じ広さで、
6000万の不動産があるのです^^;

本当に価格が歪つだと思います。
この価格差は長期的に見ていけば、
修正されるでしょうね。。。

今後も、ジョホールバルの成長は、、、
手堅いとは個人的に思いますね!

それでは、
今回はこの辺で。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【編集後記】

私が住むタイ・バンコクをはじめ
東南アジア諸国では
徐々にその生活レベルが
向上してきてはいるものの

そこはまだまだ新興国でもあり
日本のように何でも不自由なく
揃っているわけではありません。

それこそ
食べるもの、見るもの
着るもの一つ取ってみても
様々な違い・制約があり
ストレスに感じることもあります。

しかしながら、そんな中で
私の気持ちの中で確実に
変化してきたことがあります。

それは、、、

何事に対しても寛容になる
^^^^^^^^^^^^^

つまり、、、
緩くなってきたのですよね ^^

タイの言葉でいえば
マイペンライ(大丈夫)です。

例えば最近では
こんな出来事がありました。

それは朝空港へ向かう
タクシーの中で起きました。

幹線道路に出るまでの細い道が
渋滞していたこともあり
ノロノロ運転をしていたのですが

突然タクシーの運転手が
助手席側の窓をあけ
何やら大きな声で叫ぶではありませんか。

すると日に焼けた男性が
おもむろに車に近寄ってきて
小さな袋を差し出し
運転手は代金を払ったのです。

「はて、、、同じ業者の人で
 両替か何かをしたのかな?」

最初はそう思いましたが
次のある行動で謎が解けました。

運転手は手渡された袋から
ソーセージ入りのパンを取り出し
ガツガツと食べはじめたのです・・・

「おいおい・・・
 お客はまだここにいるよん」

はい、そんなこと、
ここでは関係なしなのですよね~。

お腹が空いたら何か食べる。
喉が渇いたら何か飲む。
もよおしたらトイレに行く。

ごくごく自然な行動です ^^;

これはある一例でもありますが
日本では考えられない事が
ここアジアでは平気で起こります。

ご飯を食べながら接客されたり
おつりの計算が合わなかった
約束した時間に来なかったり・・。

お客の立場からすると
失礼に当たることであっても
イチイチ腹を立てていては
こちらの気持ちが持ちません。

そもそも、、、
もしかすると我々の常識が
間違っているかも??

これらの事実を受け入れ
もっと寛大に、もっと大らかな
気持ちを持って接すれば

無駄なストレスを感じる事なく
生活が出来るはずです。

日本人は特に几帳面な方が多く
それが我々の長所でもありますが
それ故に必要以上に自分を追い込み
苦しんでいる方も多いように思えます。

別に何かが出来なくても
誰かに怒られようとも
命を取られる訳ではないのですから。

それよりもマイペンライの気持ちで
何事も捉えることができれば
きっと今まで見てきた景色が
変わると思うのです。

人生は思ったよりも長く
世界は思ったよりも広いです。

もっと肩の力を抜いて
生きていくのも悪くはないですよ。

– – – end – – –

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました!

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

両角 崇

(以下、お勧めのコンテンツです)

金(ゴールド)を保有するだけで・・・
・将来的な値上り益が享受できる
・毎月安定した収入が入る
・値下がりリスクがほぼゼロ
・小額から参加できる
「秘密の“金”案件」をご案内する
GLOBAL流 最新「金」資産運用セミナー(動画)を公開します!

▼セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA236

HSBC香港に口座をお持ちの方も
これから開設されようという方も必見!
『HSBCフル活用セミナー』
セミナーダイジェスト版(約2分) ができました。
視聴無料ですので、ぜひご覧下さい^ ^
▼HSBCフル活用セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA260

海外投資の酸いも甘いも
たくさん経験してきた我々Globalが
「海外不動産投資において
こんな案件あったらいいのにな・・」
を形にした素晴らしい案件をご紹介致します!

▼メルマガ講座の登録はこちらから
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA246

▼Global Investment Academyが提供する
世界各国から収集した海外投資のノウハウを凝縮した
数々のイーブックをお届け!!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA33