GIA通信 vol.74「お金持ちになるための一番最初のステップ?」

GIA通信 vol.74「お金持ちになるための一番最初のステップ?」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

先週の【編集後記】でもお伝えした
タイ全土における「戒厳令」。

その後、多くの方から
直接メールやFacebookなどで
ご心配の声を頂戴しました。

日本の各メディアにおいても
トップニュースで取り上げられている
今回の事件。

果たして現地タイでは
何が起きているのか?

幸いにも!?このタイミングで
現地に住んでいる私が
このメルマガ読者様だけに
最新レポートをお届けします!

ということで、、、
詳細は【編集後記】にて ^^

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  お金持ちになるための
 一番最初の基本ステップ
■□━━━━━━━━━━━━━□■

お金持ちになるための
本当の基本となる部分。

それは、家計簿のレベルから
1歩進んで、、、

「資産」と「負債」の
違いを理解すること。

そのように
考えています。

難しく言うと、
「貸借対照表」
「損益計算書」
を理解すること!!

となりますが、

とりあえず、
「資産」と「負債」
について考えてみましょう。

資産と負債。

って違い分かりますか?

明確な定義は、
簿記の教科書などに
お任せしますが、

我々は、

資産:お金を産むもの
負債:お金を減らすもの

と考えています。

当然、お金持ちになるためには、

「資産」を増やし、
「負債」を減らす

これをするわけですね。

当たり前のように
書いていますが、、、
皆さん、この事をできていますか?

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  「お金を増やすもの」
  「お金を減らすもの」
■□━━━━━━━━━━━━━□■

もう一歩進んで
考えていきましょう。

「お金を増やすもの」
「お金を減らすもの」

それって例えば何でしょうか?

この答えは、
実は人によって異なるのです。

「車」を例にしてみます。

会計の世界では、
「車」は「資産」として計上されます。

でも、、、
日常生活を考えると、

ガソリン代かかるし、
維持費かかるし、
保険も払うし、
税金もかかるし、

先程の定義に戻ると、
負債=「お金を減らすもの」なので、

車は「負債」って
捉える事もできるんですよね。

逆にタクシー運転手であれば、
車は「お金を増やすもの」ですし、

ドライブが大好きで、
車で出かけて、週末にリフレッシュ。
そのおかげで本業に精が出る!

というのも
「お金を増やすもの」
と言う解釈もできますよね。

だから、自分にとって
「お金を増やすもの」=資産
は何か?

と考えた上で、

資産を増やして
負債を減らす

その努力をし続ける事が
お金持ちへの第一歩だと
思うんですよね。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  さて、ここで問題・・・
■□━━━━━━━━━━━━━□■

会計上では、

人生で最も大きな資産になる
可能性が高い「マイホーム」

あなたにとって
マイホームは、
資産?負債?どっちですか?

これも人それぞれの
回答になるかと思います。

住宅業界の人がいたら
申し訳ありませんが、

私は・・・実は、、
「負債」と考えています。

・買って戸を跨いだ瞬間に
 資産価値が大きく下がる。

・その後も資産価値が
 徐々に下がっていく。

・維持費、諸々の税金で
 お金が減っていく。

「お金が減る」という定義で考えると、
マイホームは負債とやっぱり、
捉えてしまうのです^^;

これも人それぞれですが、
マイホームを購入すると、

どうしても、
資産を増やし、負債を減らす
というお金持ちへの道から
離れてしまう気がするんです・・・

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  例えばこんな方法で、、、
 マイホームを資産にしてみる
■□━━━━━━━━━━━━━□■

資産を増やし、負債を減らす。
でも、マイホームも欲しい!!

じゃあどうしましょうか(笑)

お金持ちになるためには、、、
投資家たるもの、

どんな出費でも
「資産を増やす!!」
という発想の転換が必要ですよ!!

マイホームでお金を減らさずに、
お金を増やすには、
どうすればよいか?

考えてみるんです。
家を使ってお金を増やす方法。

商売してもいいでしょう。
塾を開くとかもありですね。

一部を宿泊用に提供する?
なんていうのもありかもしれません。

家を購入して、
1Fは賃貸に出して
2Fは自分たちが住む。
なんていうのはどうでしょうか。

他に・・・

最近流行りだしている手法としては、
例えば、以下URLのようなものは
いかがですか?
→終了いたしました

ソーラーパネルで売電をして
その売電収益で、
住宅ローンを支払うんです。

こういった方法であれば、
パネルがしっかり売電をしてくれる
前提で、、、

住宅ローンに
苦しめられなくていいわけですね。
太陽がローンを払ってくれるんです。

もし引越等で、
この家を売りたくなったとしても、
ローンを売電が賄ってくれるのであれば、
その実績がある家であれば、
転売できますよね。。。

ですから、家の価値も
下がりにくいと思うんです。

リセールバリューもあって、
住宅ローンを支払う必要もない。
0円住宅。

これであれば、
マイホームをはっきりと、
「資産」と言えると思うのです。

資産を増やし、負債を減らす。
この考え方を常に意識して
行動していきましょうね^^

ちなみにすでにURLを
出していますが、
このソーラーハウス。

0円で住宅が手に入る
というコンセプトのもと、、、

提携会社のフィット社主催の
ソーラーハウスセミナーを
6月7日(土)、8日(日)
に実施します。

東京会場のみですが、
マイホームが欲しい・・・
と思っている方。

ご興味ある方は、
以下のURLを見てみてくださいね^^
→終了いたしました

■□━━━━━━━━━━━━━□■
大富豪が読む書籍から学ぶ (5)
「1995年→2010年世界大恐慌
 資本主義は爆発的に崩壊する」
■□━━━━━━━━━━━━━□■

大富豪が読む書籍紹介コーナー。
第5弾。今回も経済の本です。

タイトルは、
「1995年→2010年世界大恐慌
 資本主義は爆発的に崩壊する」
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA31
です。

著名な経済学者ラビ・バトラ氏の書籍。
この方の書籍はかなり
読む人を選びます。。。

精神世界(宗教)の話も
強く入り込むため、
受け付けない人は受付ない
と思われるからです。

本著の主張のメインの部分は、

世界の1万年の歴史を紐解くと、
1つの社会で権力を握る主体は
3つに集約される。そしてそれが循環する。

その3つとは?

武力→知識→富(お金)。

日本の例で言うと、

大和朝廷(武力)

藤原氏(知識人)

源氏=>荘園(土地・富)

戦国時代(武力)

江戸中期(知識人)

昭和、公職選挙法以降(富)

で今の日本は、
富の時代の末期にさしかかっている
との主張です。

公職選挙法以降が
富の時代にあたるのは、

結局、選挙というのは、
お金持ちに有利に働くものであり、
富の大きさに左右されるから
ということ。

理論としては強引ですが、

武力→知識→富

という流れを頭に入れておきながら、
歴史を見ていったり、
今後の世界を予測する・・・

というのは、
面白いかもしれません。

1つの知識として
頭に入れておくと
いいかもしれませんね!

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  お金の知恵の塊コラム
「今後成長する国は
     いつまで成長するか?」
        by がの 
■□━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは。
お金の知恵の塊コラムを
担当しています「がの」と申します。

私の簡単な自己紹介につきましては、
5月4日配信のGIA通信で書いていますので、
よろしければ、バックナンバーをご参照ください
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA64

今回のテーマは、
「今後成長する国は
   いつまで成長するか?」
です。

先週のコラムでは、
今後成長する国は、
人口ピラミッドを見ましょうという
話をしました。

綺麗な正三角形をなす国は、

・社会保障費が少ない
・労働人口が多く、お金を払う人が多い
・子供が多く、将来に渡っての労働力が確保できる

という良い条件が揃い、
成長しやすい という話をしました。

先週も出しましたが、
以下のリンクが、
フィリピンと日本の人口ピラミッドの比較です。

▼人口ピラミッド
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA29
※左が日本、右がフィリピンです。

これを見て、
成長しそうな国のポイントの1つを
理解して頂いたとします。

それでは、
何年間、経済が成長するでしょうか?

そんなの分かるわけないじゃん??
と思われるかもしれませんが、
参考にできる指標はございます。

人口ボーナス期。という指標です。

人口増加が経済成長にプラスの影響を
及ぼし続ける期間を意味します。

ちなみに
この人口ボーナス期。

日本では、
1945年~1995年と
算出されています・・・

高度経済成長期とピッタリ!
とはいえませんが、
成長している期間と考えると、
なかなか的を得た値かと思います。

簡単な計算式としては、

(A)子供・老人の人口
   →15歳未満、65歳以上

(B)労働人口
   →15歳以上~65歳未満

と定義した時に、

(B) / (A) > 2

の期間となります。

実際に各国の人口ボーナス記の
表を見てみますと、、、
以下のようになります。

▼人口ボーナス期
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA32

表の黄色部分が人口ボーナス期ですが、
人口ボーナス期でした。

中国は、2015年で
人口ボーナス期がストップ。
ご存知、一人っ子政策を掲げていたため、
高齢化社会は急速に進むでしょう。。。

インドネシア
マレーシア
フィリピン
インド

は2035年~2045年まで
人口ボーナス期なので、
まだまだ、今後の成長が期待できますね!

安倍首相が
2013年初めて訪問した国は、
タイ、ベトナム、インドネシアの
3カ国でした。

オバマ大統領も
2013年初の外交訪問先は、タイでした。

今後、
日本や世界各国が東南アジアと
どう関わっていくか? 

これはより一層重要なことと
なってくるでしょう。

また、この人口ボーナス期の
データから、ビジネスチャンスを
見出すことができるかもしれませんね!

それでは、
今回はこの辺で。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【編集後記】

今月22日にタイ全土に発令された
「戒厳令(カイゲンレイ)」

軍によって国の全権力を掌握された
いわゆる「クーデーター」が起こり
夜間外出禁止令も発令。

国としての非常事態宣言と
ほぼ同一のものであり
かなりヤバい状態であるのは
容易に想像できます。

あるエリアでは
実際に軍とデモ隊との衝突がおき
負傷者も出ているとのこと。

また夜間外出禁止令の為
公共交通機関や小売店なども
営業を早めに切り上げるので

夜には街から人がいなくなった感じで
とても不気味な感じがします。

放送局も軍のコントロール下にあり
報道の規制がひかれているので
未だ日本のNHKが見れません(涙

しかしながら、、、

なんでしょうか・・・

この緊迫感が感じられない
街全体の様子は、、、

日中街を歩いていても
現在非常事態宣言が出てるとは
思えないような活気がありますし

軍隊の兵士さんも
気軽に観光客との記念撮影に応じ

スワムナープ国際空港には
いつもと変わらない多くの観光客で
ごった返していました。

今回が1932年の立憲革命以降
13回目のクーデターということ。

そしてそもそも今回のクーデターが
市民の生活の安定を保つ為に
介入した行為であるとのことから

現在では夜間外出禁止令の緩和もあり
市民生活や経済活動が通常に
戻りつつあります。

しかしながらやはりこの国は
色々な派閥・政権争いが常時
繰り広げられているため
今後も予断を許せません。

当然のことながら軍事介入を否定し
民主主義を主張する人々も多く

この週末も街の数カ所で
大規模なデモ集会が行われる予定で
その付近には近寄るなと
大使館から警告文が出ております。

一体この先どのような決着が
待っているのか、、、

この国で絶対的な権力を持っている
プミポン国王でさえも
わからないのではないでしょうか。。

何か大きな動きがありましたら
またこちらでもお知らせ致しますね!

(あ~、困った困った。。。)

– – – end – – –

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました!

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

両角 崇

(以下、お勧めのコンテンツです)

金(ゴールド)を保有するだけで・・・
・将来的な値上り益が享受できる
・毎月安定した収入が入る
・値下がりリスクがほぼゼロ
・小額から参加できる
「秘密の“金”案件」をご案内する
GLOBAL流 最新「金」資産運用セミナー(動画)を公開します!

▼セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA236

HSBC香港に口座をお持ちの方も
これから開設されようという方も必見!
『HSBCフル活用セミナー』
セミナーダイジェスト版(約2分) ができました。
視聴無料ですので、ぜひご覧下さい^ ^
▼HSBCフル活用セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA260

海外投資の酸いも甘いも
たくさん経験してきた我々Globalが
「海外不動産投資において
こんな案件あったらいいのにな・・」
を形にした素晴らしい案件をご紹介致します!

▼メルマガ講座の登録はこちらから
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA246

▼Global Investment Academyが提供する
世界各国から収集した海外投資のノウハウを凝縮した
数々のイーブックをお届け!!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA33