GIA通信 vol.62「物心両面の充実を目指す」

GIA通信 vol.62「物心両面の充実を目指す」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

ご存知の方もいるかと思いますが
弊社アカデミーは来月4月から

その活動拠点を
今までのマレーシアから
タイ(バンコク)へ
移すことになりました。

既にタイ法人の設立が終わり
ビザの発給手続きに入っていますが
いやいや、これがなかなか大変で・・・

ん? 何が大変なのか?
続きは【編集後記】にて。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
   長期的なスパンで
  自らのビジョンを考える
■□━━━━━━━━━━━━━□■

「最近忙しいな・・・」
そうつぶやいているあなた。

忙しいのは、最近だけでなく
ここのところずっとですよね ^^;

日本人は忙しすぎる。。。
そんな話をよく聞きます。

先進国でも優等生の国「ドイツ」。

金曜日は午後2時に退社して
プライベートな時間を楽しんでいる
そんな話も聞きます。

私が住んでいる「マレーシア」。

一人当たりのGDPがまだ
1万米ドル程度しかありませんが

平日残業している人はほぼ皆無で
週末になるとスターバックスは
常に満員状態で。。。

一方の日本はというと、、

サラリーマンとして
現役時代に朝から晩まで必死に働き

運良く定年まで入れたとしても
今まで家族に時間を使ってこなかった
ツケが回って

家にいても居場所がなく熟年離婚を
する夫婦が増えてきているそうです。

また、40代で親の介護が必要になり
大企業の管理職の職を離れ
親の介護に専念する。

大黒柱の収入を失い、家庭が崩壊する。
そんな話も少なくありません。

アベノミクス景気で経済への期待が
少しずつ高まりつつある日本ですが
未だ先行きは不透明なまま。

今、日本の国民、
われわれ自身に必要なことは何か?

私は「がむしゃらに」働くのではなく

20年、30年という長期的なスパンで
^^^^^^^^^^^^^^^^
まずは自らのビジョンを立てること
^^^^^^^^^^^^^^^^

これが大事だと思うのです。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  人生、お金が全てではない
   ◯◯◯も重要である
■□━━━━━━━━━━━━━□■

がむしゃらに働く。
これはある意味「お金」を求めています。

自分の資本(身体)と時間を切り売りし
その対価としてお金を得る。

サラリーマンをはじめ
多くの方が日々生活する為に
がむしゃらに働いているはずです。

これ自体おかしいと
言っているわけではないのですが

このやり方では自分が休めば
お金も途絶えてしまうので
一向に休むことができません。

これが世間では
「ラットレース」と呼ばれ

休む事なくずっと走り続ける
必要が出てくるわけです。

では、どんな生き方を
目指していけばいいのか?

ここで大切なことは
単にお金という物質的満足を
満たすだけではなく

同時に「精神面」も
満たしていく必要があるのです。

単にがむしゃらに働いているだけでは
精神面を満たせないことは
お分かりになりますね?

繰り返しになりますが
ここで大事なことは
「計画性」「ビジョン」なのです。

自分はどういう人生を歩みたいのか

多くのお金を手に入れた時
何をどのように達成したいのか

それをしっかりとみなさんに
考えてもらいたいのです。

そこで、お金と幸せを掴むために
海外を活かす(日本に居ながらでも)
ということを追求し続けている我々が

「2014年物心両面の充実を目指す」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
5日間のメルマガ講座を作成しました。

単にお金を求めるだけではなく
心の充実をも求めているみなさんに

ぜひとも読んで頂きたい内容に
仕上げております。

★メルマガ講座の登録はこちらから
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA08

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【編集後記】

海外に住むという選択をした場合
ほとんどの国で必ず求められるのが
「査証(以下ビザと呼ぶ)」

たまにこのビザと国籍を
混同して考える方がいらっしゃいますが

あくまでもビザは
その国に住んでも良いという
許可証のことですから
国籍とはまた違いますよね ^^

私はマレーシアに
就労ビザを取得して住んでいますが
もちろん、日本国籍保有者です。

ビザとひと言でいっても

・観光ビザ
・就労ビザ(ワークパミッド)
・リタイアメントビザ
・投資家ビザ
・長期滞在者用ビザ
・留学生用ビザ

などなど、国によっても
様々な種類のビザがあります。

今回弊社アカデミーが
4月からタイ・バンコクに
活動拠点を移すことで

我々もその地で新たに
ビザを取る必要が出てきました。

今回取得しようとしているビザは
「ビジネスビザ」というもので
就労が出来るタイプのものです。

しかし、そのビザ。
なかなか簡単にはもらえません。

まず、このビジネスビザを取得する
ポイントは意外にも「学歴と職歴」。

ビザの申請時には
なぜか履歴書の提出を求められていて
最初何の為かわからなかったのですが

つまり、その人がタイ国にとって
有益な人がどうかを判断するようです。

確かにあまり属性の良くない人や
お金を持たない人を受け入れても
国としてあまりメリットがない訳で。

また、外国人1人のビザを取得する為に
現地タイ人を最低限でも4名
雇用しなければいけません。

もし3人の社員を抱える企業であれば
自分を入れて16人の現地タイ人を
雇用しないといけません。

16人のタイ人を雇用する。。

一体どんなビジネスをすれば
彼らに仕事と給与を支払うことが
できるのか、、、

それだけでも
かなりのハードルになります。

またもうひとつの高いハードルは
会社の資本要件。

つまり、資本金の積み増しです。

こちらも、社員1名増える毎に
日本円で約600万円の資本金が
必要になるのです。

さきほどの例で3人の社員を抱える
企業では、合計2400万円の
資本金がはじめに必要という訳です。

これではいくらタイが発展途上で
様々なビジネスチャンスが
広がっているとはいえ
なかなか大変ですね ^^;

しかも、現在政治が混乱している中で
スムーズにビザが発給されるのか?

またの機会で結果報告させて
頂きますね!

– – – end – – –

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました!

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

両角 崇