GIA通信 vol.60「ASEANで日本人が最も住みやすい街」

GIA通信 vol.60「ASEANで日本人が最も住みやすい街」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

いや〜、連日盛り上がっています
ソチ・オリンピック。

4年に1度の祭典ということで
ここには涙あり感激ありの
まさに筋書きのないドラマばかりで。

私も一時期本気でオリンピックを
目指していた1人の選手として

どのスポーツ種目関係なく
ここで戦っている人を
心から尊敬しますし

やはりスポーツって素晴らしいな
と、改めて感じることが出来ました。

明日はついに閉会式ですね。

開会式では五輪が四輪になる
ハプニングがありましたが
果てして閉会式ではどうなるのか?

続きは【編集後記】にて、、、
って、知る訳がありませーん!笑

さあ、今週のGIA通信も
オリンピックに負けないくらい
ホットな話題を提供していきますので
よろしくお願いします!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

弊社Global Investment Academyは
世界各地にオフィスを構えながら
展開しているグローバルグループの
教育的機関として

このメルマガであったり
日本で開催する各種セミナーを通じて

「お金」「投資」「ビジネス」
そして「マインドセット」など
強く賢く生き抜く力を身につける
活動をサポートしております。

また同時に魅力的な
海外の投資案件をご紹介する為に

実際に世界各地に足を運び
自分たちの目で見て肌で感じて
様々な角度から検証を行っております。

そして今回
海外投資の第一人者でもある
チャーリー氏と同行する機会に恵まれ
ある国の不動産開発を視察してきました。

我々が向かった先は・・・

「タイ・チェンマイ」

チェンマイと聞いて
イマイチぴんと来てない方も
少なくないかもしれません。

この私も実際にそうでしたから笑

そこで今回はチェンマイという街
そしてここでの不動産開発に関して
お話してみたいと思います。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  一年を通して気候がよく
  過ごしやすいチェンマイ
■□━━━━━━━━━━━━━□■

タイ第二の都市と言われている
チェンマイ。

バンコクから1時間ほどのフライトで
チェンマイに到着です。

日本やマカオからも
直行便が飛んでいることを
今回初めて知りました。

既に3,000人以上の日本人がいて
リタイアメント後の住まいとして
非常に人気が高い街です。

そしてそれは日本だけでなく
欧米諸国も同様に、街では
多くの白人の姿を見かけました。

歴史があり、趣のある旧市街。
そして開発ラッシュのその周辺。

何とも不思議なバランスでありますが
それが上手い具合に調和しています。

首都のバンコクよりも北に位置し
平均気温は3度〜5度ほど低く
朝夕は少し肌寒いくらいです。

カラッと乾燥した気候で
非常に過ごしやすかったです。

また6〜9月頃までは雨季ですが
一日の中で数十分〜1時間程度の
スコール的なものなので問題ないです。

またチェンマイには
次のような特徴があります。

◯物価が日本の1/3〜1/5程度で
 首都バンコクよりもさらに安い

◯医療が充実しており
 私立病院には日本語通訳が常駐

◯治安がよく、外国人が安心して
 生活できる環境

◯ショッピングモールが充実しており
 日本の食材も手に入りやすい

新しい巨大なショッピングモールには
大きなシネコンも入っていますし
日本食レストランが10軒近く
入っていたのには驚きです。

これだけみても日本人にとって
非常に住みやすい街だと思いました。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
   街中の至る所で不動産の
  開発ラッシュが続いている  
■□━━━━━━━━━━━━━□■

今回の目的は不動産視察でしたが
本当に開発ラッシュがすごいです。

そこかしこでコンドミニアムや
戸建て住宅の開発が行われています。

車で走れば至る所で
不動産の看板を見かけます。

今回、2日間かけて
街中のコンドミニアムや戸建て住宅を
見て回りました。

価格的には30平米で400万円程度の
新築コンドミニアムもあれば、

100平米で3,000万円超えの
コンドミニアムもあります。

そして驚くことに戸建て住宅の価格は
コンドミニアムよりも安いのです!

約40平米のコンドミニアムと
約160平米の戸建て住宅を比較すると
戸建てのほうが安いのです!

これ、なぜだかわかりますか?

実はタイでは、外国人は法律で
土地の購入が出来ないので
コンドミニアムしか選択肢が
残されておらず

自ずと需給のバランスから
このような歪んだ価格形成が
されているのです。

では、賃貸事情はどうでしょうか。

リタイアメントをしている人たちの
家賃予算は1万バーツ程度。
日本円で3万円程度です。

仮にコンドミニアムの物件価格が
500万円だとした場合
年間7%程度の利回りにしかならず

そこから様々なコストを差し引き
実質5%程度でしか回らないでしょう。

新築物件であれば
もっと強気に貸せる可能性もありますが

現在新築物件の開発ラッシュであり
これらの物件が賃貸市場に出回った場合
家賃の値下げ競争に巻き込まれる
可能性があります。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
   戸建て住宅だけの
   「リトルジャパン」
■□━━━━━━━━━━━━━□■

チェンマイに不動産を
所有するのであれば
コンドミニアムではなく
断然戸建て住宅がお勧めですね。

先にお伝えしたように
タイでは外国人は土地を所有できず

チェンマイで不動産投資を行う場合
グローバルの現地法人で土地を所有し
それを区分に分けて長期借地権にする
方法が一番いいかもしれません。

30戸程度のビレッジとして
プールやジム等の共有施設を充実させ
日本人が居住しやすいリトルジャパンを
このチェンマイにも創りあげます。

コンドミニアムではなく
戸建て住宅だけのリトルジャパンです。

それぞれの戸建て住宅を
各オーナーが所有するイメージです。

長期借地権としての所有となっても
土地自体が区分に分けられていれば

ローカルに販売する際でも
問題となることはないでしょう。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  ASEANで一番住みやすい
   チェンマイという街
■□━━━━━━━━━━━━━□■

将来的にどのような目的で
所有するのがいいでしょうか?

◯先々の自らの、両親の
 リタイアメント先として所有する

◯安価で戸建別荘を海外に所有する

◯戸建の別荘を海外に所有しつつ
 普段は賃貸で貸し出す

この3つが今回のチェンマイ戸建を
持つ意味となるでしょう。

具体的な運用方法の一例をあげると
自らが使いたいときには別荘として使い

それ以外の時は
グローバルで新しく展開している
GGC(グローバルゲートウェイクラブ)に
貸出をします。

仮に物件価格が250万バーツとします。
日本円で約750万円です。

自らが使わない時には
GGCに貸出をしたとして1週間で
21,000円の家賃収入になります。
(リネン代として1日3,000円とする)

年間52週間のうち
45週間を貸し出すとして
最大945,000円の賃料を取れます。

もし20週の貸し出しだとしても
42万円の賃料を得られます。

そうなれば物件価格の単純利回りは
5.6%〜12.6%ということになります。

GGCの会員が順調に増え
更には高い回転率で物件を賃貸できれば
投資妙味の高い案件にもなる可能性があります。

使わない期間は賃貸に回して収入を得て
リタイアメント後に自分で利用する。

今後の更なる人気化で
価格的な上昇妙味も大きくありますし
不動産としての価値も出てくるでしょう。

現在の戸建て物件の価格は
タイの中でも非常に安く感じられますし

ASEAN各国を見渡しても
安価に戸建別荘を持ちながら
これほど日本人が住みやすい環境はない

それがチェンマイだと思います。

もっとチェンマイが知りたい・・・

そういう方の為に
チェンマイ不動産の全てを
5日間のメルマガ講座に詰め込んだ

「まるごと分かる
 タイ・チェンマイ不動産 徹底解剖」

を作成してみました。

現地に入ったからこそ分かる
本当のタイ・チェンマイの様子。

是非ご一読下さい!

★メルマガ講座へのご登録はこちらから
→ http://academy-global-investment.com/form/001_chiangmai/mail/chiang_mai_ac.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【編集後記】

少し前のお話ですが
先日ここマレーシアを含む
中華圏の国々では

チャイニーズニューイヤーという
お正月を迎えて大いに盛り上がりました。

その事については
いろんな方がFacebookなどで
お伝えをしていましたので
今さら伝えることもないのですが

でも、、、

これだけはどうしても伝えたい・・・

そんな思いを断ち切れず
ここで皆さんにもお伝えしておきます。

チャイニーズニューイヤーが
どれだけ大いに盛り上がってて
どれだけ迷惑しているのか・・ ^^;

そういう映像があるのです。

ちょっとこちらを見て下さい。

★衝撃映像はこちらから
→ http://www.youtube.com/watch?v=RVH1uCRa280&feature=youtu.be

これは、私の自宅ベランダから
周辺エリアを撮った映像なのですが
時刻は日付が変わる12時前後です。

はい、もちろん深夜です。

確かに、1年のうちで1日。
お正月というお祝いごとですから
それほどうるさく言うつもりは
ありませんが

見渡す限りの打ち上げ花火、花火。

ちょっとこの映像では
伝えきれないかもしれませんが

その数と言ったら
肉眼で確認出来る限りで
30カ所〜40カ所。

普通の民家からドンドンと
大きな打ち上げ花火をあげるのが
こちらでは当たり前のようで。

これに爆竹なんかもありますので
その騒音と言ったら、、、、

しかも、これが11時半位から
1時近くまでずっと続くのですから
とてもとても寝てはいられません。

日本でしたら
絶対にこんなことはないでしょうね。。

いずれにしても
そのような貴重な体験も
海外に住んでいるからこそ
味わえるものであり

その違いも常に認識しながら
いい点は取り入れていくなりして
今後の情報発信並びに諸活動に
活かしていきたいと思っています。

– – – end – – –

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました!

次回のアカデミー通信は
諸事情により3月4日(火)の
配信となりますことご了承願います。

それでは次回
またお会いしましょう!

両角 崇