vol.52「モチベーションを保つ秘訣とは?」

vol.52「モチベーションを保つ秘訣とは?」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

先週末は私が運営している投資クラブ
「Clubチャーリー」の会員様向けに
定期的に開催しているセミナーの為
大阪に行ってまいりました。

はい。日本国内でもフットワーク軽く
移動移動の連続です ^^

セミナーが行われたのは土曜日。
その日の最低気温は「3度」。

今年一番の冷え込みであったことに加え
夜になるとかなり風も吹いていたので

日頃半袖短パンで過ごしている
この緩みまくった身体には
相当堪えました・・・

いや〜、マジ、寒いっす!笑

みなさまにおかれましても
日本の冬は慣れているとはいえ、、、

これからますます寒さ厳しく
なっていきますので

くれぐれもお身体ご自愛頂き
風邪などひかれませんよう
お気をつけ下さい。

さて、、、

その大阪でのセミナーを終え
翌日開催される東京会場へ
新幹線で移動していた時に
ある事が起こりました。

そして、その事に対して
車掌が平謝り。。。

これには
「いや〜、日本だな・・・・」
と感じましたが

それでは一体何が起きたのか?
続きは【編集後記】にて

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

みなさんはいま
海外投資について興味があり
偶然(あるいは半強制的に^^;)
このメルマガに出会ったと思います。

自分が興味がある分野で
自分の知らないことを
知りたいことを学べる。
しかもタダで。。

きっとある程度モチベーションが
高い状態を保てていると思います。

しかし、、、、

人はそれほど
強い生き物ではありません。

いくら自分の意志で始めた事でも
様々な障害に出会うなかで

時間の経過とともに
その高い志がどこかへ行ってしまう
そんなこともあるかと思います。

一方で、同じような境遇で
同じ時期にスタートしたにも関わらず

ずっと根気よく続けられている人が
いるのも事実です。

では、その両者に何の違いが
あるのでしょうか?

もっと端的に言えば
どうやれば高いモチベーションを
維持し続けることができるのでしょうか?

今日はこれからみなさんが
いつかは直面するであろう
(あるいは今直面しているかも!?)
その時に備えて

モチベーションの保ち方について
触れていきたいと思います。

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
  モチベーションを保つ為に
    一番始めにすること
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

モチベーションを常に保ち続けるには
どうすれば良いのでしょうか?

結論から申し上げれば
自分の目標のイメージを
できるだけ具体的に描くこと。

これに尽きるのではないでしょうか?

「50歳で経済的自立を果たし
 家族で世界一周旅行に出掛ける」

「第二の人生は透き通るほどの海に
 毎日潜れる南国のリゾートに住むぞ!」

それぞれ掲げた目標がより具体的で
より現実的なものであればあるほど
人はやる気を出すと言われています。

そして自らの目標を達成するために
いくらの金額が必要なのか?

具体的な金額を書き出してみることを
必ずやるようにして下さい。

できるだけ細かく
できるだけ数多く
書き出して見て下さい。

自分のやりたいことや欲しいもの。
行きたいところや住みたいところ。。。

何でも具体的に書き出してみることから
まずは行ってください。

自分の目標を具体的にイメージすることで
自分の内側から

「よし!やってみよう!」

という気持ち、「モチベーション」が
どんどん強くなっていくからです。

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
     5年後の自分を
    明確にイメージする
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

自分のやりたいこと、叶えたいことの
将来像、ゴールがしっかりと描けたら

次は、5年後の自分の姿を
イメージしてみましょう。

一体どこの場所で、誰と一緒に
どんな生活をしているのか?

その生活をするためには
いくら位のコストがかかるのか?

その時に持っている資産は
どの程度のものなのか?

今までイメージとして描いていたものを
今度は金銭として数値化していくのです。

一旦数値化できれば
それを達成する為にあとどの程度
稼がなければならないのか?

これがわかるようになります。

そして結果として
「よし、やろう!絶対達成してみよう!」

と、どんどん自分の中で
モチベーションがあがってくるのです。

自分自身の中で良い循環を作り上げて
行く事が出来るようになるのです。

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
   5年後の自分のイメージを
   描けた後にすることは?
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

では、5年後の自分のイメージを描き
それを金額にまで落とし込む事ができた時
次は何を行えばいいのでしょうか?

今度はそれを1年計画に落とし込むのです。
5年後の自分の行いたいこと。

このイメージをつかんでいれば
3年後のイメージも落としこめます。

3年後のイメージがわかれば
1年後には具体的に何をしなければ
ならないかがわかるようになります。

そして1年後にいくらお金を持っている
必要があるのかもわかるようになるのです。

しかし、ここで注意しなければいけない
ことがあります。

それは、もし5年後に1億円の資産を
持ちたいという目標を掲げた場合

単純に1年間に2,000万円の預貯金を
作る事を目標にして計画したのでは

計画を立てて早々に妥協する
諦めてしまうことは目に見えています。

なぜなら、いきなり初月から
166万円を貯めなければ到達できない
無理な計画になっているからです。

現在20万円の所得しかない人が
5年で1億円などという大きな目標では
すぐに挫折してしまうことになるからです。

目標自体が非現実的ではないか?
そうであれば、目標を下げる
必要があります。

途中の数字形成の見込みが甘いのか?
そうであれば、年度途中の目標をあげて
いくことになります。

そうやって、計画を修正していって
より現実的なものにしていく作業を
行うようにして下さい。

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
    目標を達成することの
     意味を考える
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

大事なことは5年後の目標を立てた時に
最初の1年後の目標をまず確実に
クリアすることです。

最初の目標をしっかりクリアすることで
達成感が得られ、満足感に繋がります。

あくまで達成可能な目標でなければ
目標を作る意味がないのです。

自分自身の将来は
自分でコントロール出来るのです。

自分自身の意思で
人生はどうとでもなります。

一度しかない人生だからこそ
自分が思い描く人生を送る為に

目標を作り、それに向かって
チャレンジし続けましょう。

諦めなければ夢は叶います。

歩みを止めなければ
その夢に必ず近づくことができます。

まずはみなさんのやりたいこと
なりたいことを具体的なイメージとして
常に持つようにしてください。

そしてそこに至までに
自分が乗り越えられると思われる
小さなゴールをいくつか設定し

それを1つ1つ着実に
クリアしていってください。

その度に何かしらの
ご褒美を自分に与える事で
またやる気にも繋がることでしょう。

可能性は誰にでもあります。

あとはやるかやらないか
たったそれだけなのです。

人生に遅すぎるということは
ありません。

まずは、はじめの一歩を
踏み出すことからはじめましょう!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【編集後記】

大阪でのジャパンセミナーを無事終え
新幹線で東京に向かう朝の出来事。

それは名古屋駅を出発した時に
突然起こりました。

「・・・えー、ご案内します。

 ただいま名古屋駅にて
 緊急停止ボタンが押されましたので

 安全が確保できるまで
 しばらく停車致します・・・」

このアナウンス自体
何も珍しいことではありません。

何か線路に物を落としてしまったのか
あるいは故障か何かか、、、

それほど気にも留めることなく
発車するのを待っておりました。

で、停車する事、約3分。

新幹線は安全が確認できた
とのことで再び動き出し
一件落着。

先ほどの車掌が再度登場し
車内アナウンスを始めました。

「えー、、、ご案内致します。
 

 先ほど名古屋駅にて起きました
 緊急停車につきましては・・・・

 (中略)

 この電車は、次の停車駅「新横浜」に
 約 ”1分” ほど遅れて到着致します。

 みなさまに対しまして
 ご迷惑をおかけしたこと
 深くお詫び申し上げます。」

確かに、、、、

計画していた時刻に遅れることは
厳しいことを言えば
相手に対する約束を守れなかった
ということですし

もしかしたら次の乗り換えに
間に合わなくなった人も
1名くらい、いたかもしれません。

それを踏まえての
「お詫び」だと思いますが、、、

たった ”1分” ですよ!

新幹線で名古屋から東京までは
距離にして約350kmほど。

そんな長い区間を移動して
1分程度の誤差しかない。。。

あくまでマニュアルで決められた
社交辞令的な挨拶かもしれませんが

そこまでお詫びするのは
さすがに世界見渡しても
日本くらいのものではないでしょうか?

みなさんもご経験があるかと思いますが
海外で運行される電車など
多少遅れることなど日常茶飯事で

日本のように、あの凄まじい
通勤ラッシュの時間帯であっても

数分の狂いもなく運行されるダイヤルは
まさに神がかっていると言えます。

生真面目な日本人の性格が
端的に表れたシーンであり
それはとても誇りに思う反面

もう少し緩くても
誰も怒らないだろうなと
感じた一幕でした。

そうそう。
そんなにキチキチしなくていいから。

肩の力を抜いて、、、

“Take it easy”(気楽に行こうよ!)

– – – end – – –

以上、今回も最後までお読み頂きまして
誠にありがとうございました!

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

追伸)

みなさまにご購読頂いている
本メルマガ「GIA通信」ですが

2014年1月より
「アカデミー通信」と名前を一新し

また発行のタイミングも
毎週水曜日(週1回)に変更させて
頂きますことご了承願います。

今まで以上に
みなさまの為になる情報発信を
していきますので
引き続き宜しくお願い致します。

両角 崇