vol.43「台風30号が教えてくれた教訓」

vol.43「台風30号が教えてくれた教訓」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

私が現在住んでいるマレーシア。

一年中温暖で気候がよく
日本人が海外移住したい国No.1なの
みなさんご存知でしたか?

しかも、7年連続
ずっと1位なんです。

すごいですよね!

あのハワイやオーストラリアを
抑えての王座君臨。。。

一体マレーシアって
どんなに魅力がある国なのか?

実際に住んでいるからこそわかる
マレーシアの本当の魅力。

こちらのメルマガでも
触れていきますので
楽しみにしてて下さい!

でも、そんなマレーシア
ここ最近ちょっと変なんです。。

しかもこの1週間くらい
ずっと・・・

一体何が起こっているのか?
続きは【編集後記】にて

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  自然の猛威、破壊力の前には
人類の努力ではどうしようもない
■□━━━━━━━━━━━━━□■

先週末にフィピリンを襲った
台風30号の爪痕。。。

日本でも多くのメディアが取り上げ
その被害の凄まじさに
誰もが驚きを隠せませんでした。

中心付近の最大風速65メートル
最大瞬間風速105メートルを記録し

上陸した台風の中では
史上最強クラスだった今回の台風。

同時に起こった高潮の影響で
まるで津波のように3メートルほどの
波が押し寄せたとも聞きます。

技術革新や様々な文化が発展してきた
この現代においても

自然の脅威に対しては
あまりにも無抵抗でしかない
一種のはかなさを感じました。

この台風で多大な被害に遭われた方に
まずは心よりお悔やみ申し上げます。。。

で、台風といえば
今年日本全国各地でも
大きな被害をもたらしましたね。

しかも年を追うごとに
その被害は大きくなっている
そんな気がするのは私だけでしょうか?

また、それに加えて
南海トラフ地震や東海沖地震
さらには富士山大噴火と、、、

いやはや
自然の恐怖と隣り合わせにいるのが
我が国日本だと思います。

もしも、、、
の備えをしていれば
最悪な事態を免れることは
できるかもしれませんが

それこそ今回の台風のように
過去類をみないものに遭遇した際は

その努力はまったく意味をなさない
可能性が強いです。

自然の猛威、破壊力の前には
人類の努力ではどうしようもない

残念ながら今回の出来事から
そう強く認識させられました。

では、その災いが来るのを
黙って見守るしかないのか?

そもそも、そういった災害から
逃れられる方法はないのであろうか?

この台風30号から
学んだ事をお伝えしていきます。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
   自然災害から逃れる
 たった1つの方法とは? 
■□━━━━━━━━━━━━━□■

甚大な被害を引き起こす自然災害から
逃れられるたった1つ方法。。

それは、、、

自然災害がない(少ない)国に住む
^^^^^^^^^^^^^^^^

冗談なしで
これが一番の解決策です!

例えば私が現在住んでいる
マレーシアという国は

台風もなければ地震もない。
もちろん津波だって来ない・・・

あっても大雨によって一部
道路が冠水することや

お隣インドネシアでの
焼き畑による煙害が
時々あること位でしょう。

東日本大震災が起きた時
都内にある20階のビルにいた私は
地震の恐怖をリアルに体感しましたし

その後自宅にたどり着くまでに
ものすごく苦労したことで

二度と同じ経験はしたくない・・・
(家族にもさせたくない)

との思いから、海外移住を決意する
キッカケにもなりました。
(原発問題も大きく影響していました)

ただ、もちろん誰もが気軽に
海外へ移住することはできません。

自分(あるいは旦那や奥様)は
今の職場で働かなきゃいけない。

せっかく入った子供たちの学校を
転校させるわけにはいかない。

面倒を見ている親を
置いていくわけにはいかない。

など・・・

様々な理由で
この日本を離れられないのが
現実だと思います。

では日本にいながら
身を守る為にはどうすればいいのか?

■□━━━━━━━━━━━━━□■
   自分の身と資産は
  別個の者として考える 
■□━━━━━━━━━━━━━□■

我々が想定もしないような
自然災害が起きれば

誰だって命を落とすことだって
あるかもしれません。

いくらあらかじめ備えていたって
防げないことがあることは
認識しておく必要があります。

だから、諦めてください。

・・・・と言っているのではなく

少し考え方・発想を変えてみては?
と言っているのです。

つまり、、、

自分の身の安全は
確保することは難しいのですが

自分の身代わりともなる資産の安全は
自分の力で何とか確保できるものです。

自分が日本から出れないのであれば
資産だけでも海外に逃がしておくこと。

ここでも「資産分散」という考え方が
重要になってくるのです。

現金でも株式や債券でも
不動産であっても

資産をうまく分散しているようで
結局は「日本」というひとつの
カゴに盛っているに過ぎません。

今回のフィリピンで起きた
超大型の台風により

今まで必死に蓄えて来たお金や
せっかく建てたマイホームが

一瞬のうちになくなってしまうのは
見ていてものすごく辛いものでした。

失って途方にくれる前に
今から準備しておくこと。

それは
自らが自然災害のない国に
移住できるような環境を整えること。

それが出来ないのであれば
資産だけでも移しておくこと

これが結果的に身を守ることにも
繋がるのです。

お金を稼ぐところと
お金を守るところは
一緒である必要はありません。

また、お金を増やすことばかりが
大切なのではありません。

今まで努力に努力を重ねて
蓄えて来たお金(資産)を
いかに減らさないか

守りをしっかりと固めることが
投資の世界では必要ですし

だからこそ
ライフプランが何より重要だと
言っているのです。

ぜひ今回の痛ましいニュースを
他人事には捉えず

このような状態になった時に
困らないような準備を
今からしておくように心掛けましょう。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【編集後記】

気候が一年中温暖で物価が安く
人々も温和で教育的水準も高い。

日本だけでなく
諸外国からの移住が増えている
マレーシアですが

ここ最近、、、いや、
この1週間で変わってしまった事。

実は、、、、

寒いんです。。 ^^;

地図を見ると
赤道にほぼ近いところにある国なので
一年中暑いイメージですが

ところがどっこい!
意外にも日本の夏の方が
かなり暑いです。。

そして今
半袖短パンで過ごせないくらい
肌寒い気候が続いています。。

マレーシアも異常気象か!?

いやいや、違います 笑

実はマレーシアって
雨期と乾期があるんですね。

ちょうどこの11月くらいから
雨期のシーズンに入るのでした。

ですから気温がぐっと下がり
朝晩とか窓はもちろん閉め切って
クーラーなんかは問答無用。

結構本気で
寒がったりしています ^^;

もちろん、それでも
日中に日が照ると
Tシャツと短パンで過ごせるような
気温ではありますが、、、ね。

また雨期といっても
日本の梅雨のように

朝からずっとシトシトと
雨が降る訳ではなく

数時間のスコールがある程度で
あとはどんより曇り空が続く
そんな気候でもあります。

ちょっと気分的にも
晴れない感じで嫌ですね・・・

日本もまた徐々に冬の足跡が
聞こえて来たようで・・・

季節に変わり目は
特に体調崩しがちです。

くれぐれも
お身体ご自愛くださいませ。

以上、今回も最後までお読み頂きまして
誠にありがとうございました!

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

両角 崇