Vol.18「投資での一番のリスクは?」

Vol.18「投資での一番のリスクは?」

みなさん、こんにちは。

グローバルインベストメントアカデミーの
両角崇(もろずみたかし)です。

日本では連日、真夏日が続き
四国や山梨では40度を超える猛暑に
見舞われているとのこと。
大変ですね。。。

一方、こちらマレーシアでは
日中暑い時でも30度を少し超えるくらいで
朝晩は窓を閉め切って寝るなど
快適な毎日が続いております。

赤道にほど近い国がこのような気温であり
ここからさらに北に位置する日本が
このような異常な暑さに見舞われている。

昔小学校で習った地理の知識が
完全に崩壊寸前です ^^;

ほんと、いつから日本は
こんな過ごしにくい国に
なってしまったのでしょうかね。。。

くれぐれも、みなさん。
熱射病などには十分気をつけて
お身体ご自愛なさって下さい。

さて、、
今日もお金や投資に関しての
リテラシーをあげて頂くべく
必要な情報をお送りしていきますね!

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
リスクとは一体どんなものがある?
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

日常で、「リスク(risk)」というと
“危ない” とか “危険” という意味で
よく使われますよね?

しかしながら、
投資の世界で使われるリスクという言葉には
日常で使うリスクの意味とは違って
さまざまな意味があるので整理してみましょう。

一般的に、投資を行っていく上で
リスクと言われるものには
主に以下のものがあります。

【価格変動リスク】
株式や投資信託、債券などの価格が
変動(上昇・下落)すること

【金利変動リスク】
金利が変動することによって、
特に上昇した時に金利負担が増えること

【信用リスク】
債券などを発行する国や企業の
利息や配当の支払い能力が不足すること

【為替リスク】
海外の証券あるいは不動産で
円高ドル安になると価値が減少する、
もしくは、円安ドル高になると
日本円での支払額が増えてしまうこと

【流動性リスク】
現金化したい時に取引相手が
少ないことが原因で、
時間とコストが余計にかかってしまうこと

ここに挙げたのは
あくまでも代表的なものですが、

この他にも、
天災リスクやインフレリスク、
さらには、不動産投資の世界では
空室リスクや滞納リスクなどもあります。

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
  投資の世界は危険がいっぱい!?
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

こうやって見ていくと
様々なリスクが見えてきますから
多くの方が、投資はリスクがいっぱい、
イコール、投資は危険だ、
と言うようになります。

しかしながら、リスク自体は
それほど恐れるものではありません。

ただ、怖いのは、
そこにどんなリスクが潜んでいるかを
正確に把握することなく、
ただ闇雲に投資に参加してしまう
ことなのです。

ここは非常に大切なので
もう一度言いますね。 ^^

リスク自体は怖くはないのです。
^^^^^^^^^^^^^^^

大切なのは、
どんなリスクがあるのかを把握し、
それをいつまで抱えることにするのか、
それをマネージ(管理)していくことなのです。

また、これも勘違いしがちですが
借金=リスクと単純に解釈するのではなく、

どこまでのリスクを自分が取る事が出来るか
それを可能な限り数値化して
正確に把握すればいいだけなのです。

成長国で銀行から融資を借りて
不動産投資を行う。

これには通常、
「正」のレバレッジが効きますから
借金=良い借金として
どんどん活用していくのがいいでしょう。

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
  一番のリスクとは??
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

自分が参加しようとしていている投資商品に
どんなリスクが存在しているのか、

正確に把握さえすれば、
あとは知識と経験をどんどん積んでいく事で
リスクは限りなく小さくなっていきます。

投資は投機、
いわゆるギャンブルとは違うのです。

ちゃんとした知識とルールを学び、
仮説と実践、そして検証を繰り返すことで
勝てる確率が格段にあがり、
負ける確率を減らすことが出来るのです。

では、投資の世界で
何が一番怖いと言われているのか?
一体どんなリスクが一番危険なのか?

それは、、

何もしないリスク
^^^^^^^^^

いわゆる、機会損失
というものですね。

投資は危険だからといって
何も行動に移さないこと。

そして、
学ぼうという意識を持たないこと。

これこそが、何より危険なことであり
一番のリスクに繋がっていることは
理解されていますでしょうか?

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
  小さな負けは買ってでもしろ
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

私が尊敬する経営者の一人であり
ユニクロの創業者でも柳井正氏の著書、
「一勝九敗」

ここにも書いてありますが、
小さな負け、あるいは失敗は
どんどんしていいのです。

苦労は金で買ってでもしろ!
とはよく言ったものではありますが、
小さな失敗こそ、買ってでもした方が
結果的には必ずよい方向へいきます。

大きな負けを1回してしまうと
それを取り返すだけで相当な労力とコスト、
そして、一番大切な時間が失われます。

ですから、
小さな失敗を繰り返し
その過程、経過の中から何かを学び取り
次に繋げることが大切なのです。

それこそ、
当初考えていたリスクに加えて
想定していなかったリスクに
見舞われることになるでしょう。

ただ、それは
行動したものにしか手に入れることが
出来ない貴重な ”宝物” なのです。

行動を起こし、チャレンジすることで
そこに自分なりの、
自分だけのノウハウが積み重なって、
必ず何かを掴むことも出来るようになります。

もちろん、
それこそ闇雲に突き進む事はせず
徹底的なインプット(学び)と
アウトプット(実践)を繰り返す、
これは続けていく必要があります。

このメルマガをお読み頂いている方も
ぜひここで得た知識なり情報を聞いて
へえ〜と、そこにとどまる事なく

ぜひ何らかの行動に結びつけて頂ければ、
我々としても嬉しい限りです。

将来における自らの、
そして家族の安心を掴むため、

お金の仕組みを学び、
お金にお金を生ませるワザを
身につけていく為には、
行動あるのみです!!

以上、今回も最後までお読み頂きまして
誠にありがとうございました!

ご意見・ご感想・お問い合わせも
お待ちしておりますので
お気軽にコチラから!
⇒ http://academy-global-investment.com/support/inquiry/

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

両角 崇