GIA通信vol.134「注意したい投資案件とは?」

GIA通信vol.134「注意したい投資案件とは?」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

少し先の話になりますが
今月末に弊社が運営している
会員制投資クラブの会員様向けに
定期セミナーがあるのですが

その準備をしていて
困った事が起きました。。

続きは【編集後記】にて

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
 カンボジア・プノンペン不動産
   2017年問題は大丈夫?
■□━━━━━━━━━━━━━□■

今回弊社主催で
バンコク・プノンペン現地視察会
を行いました。

カンボジアの首都のプノンペンでは
多くの日本人が投資目的で
不動産を購入しているのですが

現地エージェントに
プノンペンの不動産市況を聞くと
やはり危ないな・・と感じてなりません。

プノンペンの不動産には
2017年問題(もしくは2018年問題)
と言われているものがあります。

これは何かと言いますと
現在建築中の数々のプロジェクトが
この頃に完成して一気に9000戸もの
部屋が市場に出てくるというのです。

しかもそのどれもが
ジム付きプール付きの
高級コンドミニアムです。

スタジオもしくは1ベッドルームの
40平米くらいのお部屋で
月2000米ドル程度の家賃を
取ろうとしているらしいですが

1人あたりのGDPがようやく
1000米ドルを越えるプノンペンで
この程度の家賃を支払える外国人が
どれほどいるものなのか?

少なくとも9000戸の需要を
賄うほどにはいないでしょう・・・

中国人や韓国人の駐在員が多いですが
彼らの平均月収は1500米ドルです。

2017年問題に先駆けて今年の前半に
ある高級コンドミニアムが完成しましたが

2000米ドルの家賃想定が
1300米ドルまで下がっているようです。

そして現時点でも満室どころか
半分もテナントが入っていません。

この状況下で
大量にコンドミニアムができた時に
想定した利回りは確保できるのか?

利回りが確保できなかった時に
物件価格は下がらないのか?

いくらカンボジアの経済が好調でも
なかなかに疑問が残るところです。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  国は間違いなく成長する
 でも、投資はそれだけではない
■□━━━━━━━━━━━━━□■

上記の理由から弊社では
プノンペン不動産は積極的に
取り扱わない方針にしています。

もしかしたら2017年問題が顕在化して
その後に物件価格が下がった時に
チャンスを見出すかもしれませんが
“現時点”では、扱いません。

また当然のことながら弊社の判断が
100%正しいとは言えませんから
2017年問題は起こらずに
カンボジア不動産が成功するかもしれません。

ですからここで伝えたいことは
リスクを理解した上での自己責任で
投資をするなら問題は無いと思います。

プノンペンに訪問すると
やはり非常に活気があります。

国民がとても若いですから
今後長期間に渡って成長していく
だろうと思います。

高級コンドミニアムの
豪華で綺麗なショールームもあります。

海外投資の初心者の方が
それらの様子を見てしまうと
購入を簡単に決意してしまうかもしれません。

最近私がネットを見ていても
Googleの広告でカンボジア不動産の
広告が結構目につきます。
綺麗な絵を用意しています。

しかし、こうした需給の
パワーバランスが大きく崩れる
2017年問題なようなことがあることは
必ず事前にしっかり理解して頂きたい
そう強くそう思います。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  プノンペン不動産に加えて
   注意してほしい投資
■□━━━━━━━━━━━━━□■

ご存知の通りですが
不動産というのは最悪失敗しても
「ゼロ」にはなりません。

金融商品のように
短い期間で何倍にもなりませんが
ミドルリスク・ミドルリターンとして
王道で紹介しやすい案件と言えます。

一方、多くの方から

「◯◯な案件に投資しているのですが
どう思いますか?」

などと相談を受ける投資の種類は
事業投資と言われるものです。

例えば
・マレーシアでのカジノ事業
・カンボジアでのスポーツブック事業
・仮想通貨を絡ませたネットワーク事業
などです。

これらは本当に注意してください。
非常に難しい投資です。

しかし、大抵不動産投資より
参加のハードルが低くて
見かけ上の利回りもいいですし
初心者が参加しやすい投資なのです。

色々な人から相談を受けますが、
「どう考えてもダメだろうな」
と思う案件が多いです。

事業投資はその事業自体が良くても
運営している人間に
結果が大きく左右されるので
不確定要素が多いのです。

ハードルが低いけど難しい投資。
これが事業投資です。

不動産、金融商品以外の商品、、、
事業投資を投資初心者の方が
投資を行う場合には必ず
詳しい人に相談してください。

もちろん弊社に相談して頂ければ
プロの目線からアドバイスも致します。

前にも少し触れましたが
アベノミクス効果で資金需要が
増えてる影響なのか

怪しいなと思う案件も同時に
増えてきているようにも感じますので
是非とも注意して下さい!

■□━━━━━━━━━━━━━□■
大富豪が読む書籍から学ぶ (62)
「下流老人」
■□━━━━━━━━━━━━━□■

大富豪が読む書籍紹介コーナー
第62弾。

タイトルは
「下流老人」
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA206

質問です。

あなたは“厚生年金”を何年間支払い
老後に月いくら年金を貰えるでしょうか?

あなたは”国民年金”を何年間支払い
老後に月いくら年金を貰えるでしょうか?

加えてこのまま順調に働き続けたら
退職金はいくら貰えるでしょうか?

この質問に答えられる人は
ほとんどいないと思います。

この本はタイトルを読めば分かりますが
高齢者の貧困問題に関する本です。

高齢者の貧困問題になると
「老後の準備を怠った人達」
という印象があるかもしれませんが

冒頭の質問にあなたは
的確に答えられていないですよね?

言うほど老後の生活を
イメージできてないのではないでしょうか?

ちなみに参考情報ですが
年金を夫婦で月23万円貰えて
退職金が2000万円程度であれば

平均寿命まで生きて
生活費が500万円不足する
と言われています。

貯金で500万円まかないましょう
という結論に至りますね。

しかし、、、

月23万円も年金貰えるのか?
退職金はいくら貰えるのか?
平均寿命より長く生きたらどうなるのか?

貧困高齢者の中には
思ったより年金が貰えなかった
と想定外の収入減により
貧困に陥っている人も多いようです。

「老後の準備」とは
具体的に何なのでしょうか?

考えているようで
みんな考えていない。

そしていつの間にか
高齢者になった時に
想定外の事があり
貧困生活に巻き込まれてしまう。

この本を読むと
貯金が3000万円あった人も
貧困老人になっている例がでてきます。

私は大丈夫、、、ではなく
自分の問題として
自分と家族を守るために
ぜひ一度この本を読んでほしいと思います。

幸いにして
あなたはこの本の情報を知り

高齢者になる前に
高齢者の現状をイメージでき
「老後の準備」を今から
できるのですから。

我々も自分自身を守る
知恵をつけるとともに

より多くの方がお金の勉強をして
老後も含めて将来にわたって
安心を掴めるように

こういった高齢者問題といった
情報もアンテナを張って
勉強し続けたいと考えています。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  お金の知恵の塊コラム 
「何の通貨に分散すべきか?
 (マレーシア通貨等編)」
       by がの 
■□━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは。
お金の知恵の塊コラムを
担当しています「がの」です。

何の通貨に分散すべきか???

先週は香港ドルについて
説明を書きましたが、

今回は「成長国」の通貨について
書いて行きたいと思います。

マレーシアリンギット
フィリピンペソ
タイバーツ

などは、東南アジアでも
安定した成長を見せており、

通貨を保有する面で
いいと思います。

「成長国の通貨を持とう!」

と言っても、

「そんなん当たり前やろ!」と思われるか、
「そんな危険なことできるかい!」と

言われるか、両極端な感じかと思いますが、
少し話を続けてみます。

ところでですが、

皆さんは、米ドル円以外の相場。

注目していますか?

注目されているとしても
ユーロ円程度かと思います。

先に挙げた通貨は、
滅多なことがないと注目しないと思うのです。

しかし、、、今後、
ちょっとでも注目してほしい
と思っています。

そう思ったきっかけ。

アベノミクスが始まり、円安が
1ドル=80円→100円(25%ドル高)と
一気に進んだ時期のこと。

円がドルに対して
25%安くなっているところ、

マレーシアリンギット
タイバーツ
フィリピンペソ

などはどれも、
円に対して40%以上高くなっていました。

ドルが25%上昇している間、
東南アジア通貨は
40%上昇しているのです。

これが意味するところ・・・

どこにお金がより多く
流れているのか?

よく分かりますね。
アメリカより東南アジアに
お金が流れたのです。

成長国にお金が流れているのです。

フィリピンは、
現在9600万人の人口から、
2040年には、1億4000万人に・・・

そしてフィリピン史上
最高値の株価を年間50回以上
更新しています。。。

マレーシアもタイも
高度経済成長です。。。

日本はオリンピックがありますし、
首都圏の不動産は上昇するでしょうが、、、

・1000兆を越える財政債務
・年金問題
・少子高齢化
・インフラの老朽化
・社会保障費の増
・人口減少

などなどの、

根が深い問題が
いくつもあります。

やはり中長期的に見て、
相対的に成長国の通貨が
上がると思うのですよね・・・

成長国の通貨。
おすすめなのです。

ということで、

それでは、
今日はこの辺で!

以上、
「がの」がお送りしました(^o^)/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【編集後記】

投資クラブの会員様向けセミナーは
年に3~4回ほど企画しており
東京と大阪の2会場で開催しています。

私は横浜に実家がありますので
東京開催時は実家利用が多いですが
大阪は基本ホテル泊なのですね。

で、今回もホテルを手配しようと
予約サイトを色々と探していましたが

「ない・・・・」

そうなのです。
セミナー会場の心斎橋付近
そして周辺のホテルに
空き施設が全くないのです・・・。

出てくるのは
カプセルホテルとか
築40年は
電車で何駅も乗り継いだところに
あるようなホテルばかりで。。

もちろん2~3万円出すのであれば
まだまだそれなりにあるのですが
ほぼ数時間寝る為だけの為に
そこまで出していられない、、、、

実は以前にもこのような事が
何回かありましたが
その時はたまたまジャニーズの
コンサートがあったり
大きなイベントの時でしたが
今回は特にそんなことはないし、、

たぶんこれ。。。
外国人のせい、ですよね、、、

これは大阪に限ったことではなく
東京も完全にホテル施設の
供給不足だと聞いていますし

その影響は確実に
地方へも出てきています。

これは日本の経済にとって
また地方それぞれにとってお
お金を落としてくれるという点では
いいことではありますが、、、、

いち利用者からすると
さすがにちょっと困り者です。

宿泊代でさえ
以前と比べて高くなってると
実感していますから
ダブルパンチですね。。。

まさか自分がその洗礼を
受けるとは思ってもみなく、、、

あ、でも、、、

かくいうこの私も
「外国人」扱いかも
しれませんけどね・・・ ^^;

– – – end – – –

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました!

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

両角 崇

(以下、お勧めのコンテンツです)

金(ゴールド)を保有するだけで・・・
・将来的な値上り益が享受できる
・毎月安定した収入が入る
・値下がりリスクがほぼゼロ
・小額から参加できる
「秘密の“金”案件」をご案内する
GLOBAL流 最新「金」資産運用セミナー(動画)を公開します!

▼セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA236

HSBC香港に口座をお持ちの方も
これから開設されようという方も必見!
『HSBCフル活用セミナー』
セミナーダイジェスト版(約2分) ができました。
視聴無料ですので、ぜひご覧下さい^ ^
▼HSBCフル活用セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA260

海外投資の酸いも甘いも
たくさん経験してきた我々Globalが
「海外不動産投資において
こんな案件あったらいいのにな・・」
を形にした素晴らしい案件をご紹介致します!

▼メルマガ講座の登録はこちらから
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA246

▼Global Investment Academyが提供する
世界各国から収集した海外投資のノウハウを凝縮した
数々のイーブックをお届け!!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA33