GIA通信vol.131「ギリシャ危機から王道に立ち返る」

GIA通信vol.131「ギリシャ危機から王道に立ち返る」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

行ってきましたよ~。
極東ロシアのウラジオストック。

“日本から1番近いヨーロッパ”

その噂通りに、、
素晴らしい町並みに改めて感動。

いや~この街。。。
気候がいい夏場の間だけなら
間違いなく住めますね!^^

さて、日本に戻る機内で起きた
ある2つの出来事。

続きは【編集後記】にて

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
 3週間で4兆ドルが吹っ飛ぶ!
 何を「信用」すべきなのか?
■□━━━━━━━━━━━━━□■

ギリシャの預金封鎖。

ギリシャ国民が一生懸命働いて
貯めた預金が数日の間に
無価値になりました。

彼らは何のために
働いていたのでしょうか?

ドルに次ぐ信頼の高い通貨である
ユーロを持っていても
ギリシャの銀行に預けている事で
無価値になってしまいました。

ユーロの価値についても
疑問視する声が上がっています。

預金すら100%信用できない。
紙幣すら100%信用できない。

1万円や100ユーロは
1枚刷るのに原価が20円程度です。

1万円の99.8%は「国の信用」という
不安定な価値でできています。

不安定な価値といえば、、、
中国の株が暴落しています。

3週間で4兆ドル程度の損失があり
なお下がり続けるだろうという
アナリストからの指摘もありますが

4兆ドルというのは
日本の年間GDP規模です。。。

それがたったの3週間で吹っ飛ぶとは
一体何が起きているのでしょうか?

「信用」というものが
いかに脆いものか
改めて考えさせられます。

将来の安心を掴むために
投資をしているはずなのに

そんなに価値が不安定な
「信用」の世界に大切なお金を
突っ込みたくないな・・・

と一連の出来事を見ながら
色々と考えを巡らせています。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  混乱した世の中だからこそ
改めて「王道」の大切さを感じる
■□━━━━━━━━━━━━━□■

「信用」の世界ではなく
「実体」の世界に投資をする。

「実体」のある「物」
これが本当に重要なのです。

株、FX、商品先物、と
様々な投資がありますが
やはり手堅いのは
“不動産” だなと改めて思います。

世界の至るところで
99.8%の信用からできている
紙幣を刷り続けているので
当然のことながらお金が余り
世界的にインフレが進行しています。

紙幣の価値が下落する一方で
物の価値、不動産の価値というのは
相対的に高まっていくでしょう。

不動産投資が良いと言っても
日本のバブル期に見られたような
不動産の上昇を期待した転売を
繰り返す手法はお勧め出来ません。

土地転がし的な発想では
価格に翻弄されやすい株やFXと
同じ世界になってしまうからです。

ですから、、、
非常にオーソドックスですが

“経済成長を背景とした
不動産の値上がりと家賃上昇に
期待した不動産投資を行うこと”

これが今の時代に適した
良い投資法だと思うのです。

世界的に混乱している
昨今の大きな出来事から考えても
改めて王道の大切さを
教えられている気がします。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  経済成長を背景にした
  資産形成に勝る物なし!
■□━━━━━━━━━━━━━□■

そんな環境の中
“経済成長” という観点で今一度
注目してもらいたい国があります。

それが “フィリピン”です。

人口が現在の1億人から
2040年までに1億4000万人まで
増加すると言われています。

経済を動かす人という「実体」が
年を重ねる毎に増えていくのです。

フィリピンは
英語圏の中で最も人件費が安く
欧米諸国がこぞって彼らの
アウトソーシング先として
フィリピンに進出しています。

2012年にはインドを抜いて
英語圏でのアウトソーシングで
世界1位になりました。

平均年収40~50万円程度で
英語が話せる人材が豊富な国であれば
当然のことながら国や企業は
放っておきませんよね。

経済成長はここ10年で約2倍。
毎年5~6%の成長率を記録しています。
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA193

経済成長に伴って株式市場も活況。
年間50回以上も最高値を更新しています。

実体経済を伴わない信用によって
作られた金融世界ではなく
経済成長という地に足のついた
安定的な投資。

ギリシャや中国の問題を見て
「あ~大変なことが起こってるな」
だけで終わらせることなく

今後自らの資産形成を考えるにあたり
どういう資産運用をしていくべきか
本当の資産とは何なのか・・・
しっかりと考えて頂きたいと思います。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
成長著しいフィリピン不動産を
30%引きで・・・
■□━━━━━━━━━━━━━□■

フィリピンの中でも
注目している都市の1つに
セブという都市があります。

バリ、プーケットと並んで
アジア三大リゾートの1つで
透き通った海が綺麗な都市です。

フィリピン第2の都市で
2つのメインの島からなり

マクタン島の方では
「マクタン・ニュータウン」という
大規模な開発計画が進められています。

我々も現地のパートナーと組んで
マクタン島で不動産プロジェクトを
2012年からスタートさせていますが

プロジェクトの式典に
フィリピンのアキノ大統領も来られ
国全体で注目される一大プロジェクト
になっています。

新興国での経済成長を
自らの資産形成に活かしながら
それら国々の発展に役に立てる。

これって素晴らしいことだと
思いませんか?

リゾート地でのセカンドハウスとして
所有するのもいいですし
人に貸して外貨収入を得てながら
大きな資産形成をしていくのもよい。

今日はそんなセブ島の不動産案件を
なんと30%引きで購入できるチャンスを
ご用意させて頂きました!

3年前の販売当初の価格水準で
購入する事が可能という事は

既にこれまでにデベロッパーが
30%程度値上げしてきたので
購入した時点で同等程度の含み益が
得られることを意味します。

なぜ大幅にディスカウントするのか?
なぜ数ある街の中でセブ島なのか?
このプロジェクトのどこに魅力があるのか?

様々書きたい事はあるのですが、、、
紙面の都合上、書き切れませんので
7日間のメルマガ講座をご用意致しました!

ご興味ある方は
是非こちらからご登録ください。
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA194

高度経済成長を迎えるフィリピンで
大きく資産を形成しながら
自分の別荘も持てる・・・

ワクワクしますね ^^

単にフィリピンについて
学ぶだけではなく
実際に“好条件”で投資案件に
参加できますので期待して下さい!

■□━━━━━━━━━━━━━□■
大富豪が読む書籍から学ぶ (60)
「2015年暴走する
  世界経済と日本経済」
■□━━━━━━━━━━━━━□■

大富豪が読む書籍紹介コーナー
第60弾。

タイトルは
「2015年暴走する世界経済と日本の命運」
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA195

この本のタイトルから
「今後日本がどうなっていくか?」
という筆者なりの意見が書いてあると
思いましたが

正直日本の将来の展望を
読み取る事ができませんでした。

前半部分での
アベノミクスは失敗しましたよ!
というアピールが強く
特別目新しさを感じませんでした。

日本の将来に関する展望を
期待しているのであれば
他の本を手に取る事をお勧めします。

しかしその一方で、、、
2014年に世界中で起きた
様々な事件について
分かりやすく書かれていました。

特にユーロ圏・中東というのは
日本から遠いこともあり
詳しい情報を得られないのですが
本の中では出来る限り平易な言葉で
説明されていました。

ユーロができた当初は今と逆で
ドイツの経済がひどく落ち込み
救済のために金利を低く抑えたら

他の欧州諸国、特に南欧諸国で
経済バブルが起こり
アイルランドを皮切りに
PIIGSなどが経済危機に
巻き込まれていく。。。

こういった事も
分かりやすく書いてありました。

ちょうどギリシャの問題が
非常に話題になっていますが
ギリシャが何故こうなったのか?
を理解するためには良い本だと思います。

また、2014年に起きた様々な事件。

・スコットランド独立運動
・香港での暴動
・ウクライナ問題
・イスラム国
・中国シャドーバンキング問題

など、忘れていた事件も含めて
今の世界経済全体の流れに合わせて
分かりやすい説明で書かれています。

過去の歴史をひも解けば
今後何が起こるかがわかるようになる。

最新の世界情勢を知るために
2014年の時事を勉強するつもりで
読めば、当たりの本だと思います!

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  お金の知恵の塊コラム 
「高金利の国に預金すれば、
 儲かりますか?」
       by がの 
■□━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは。
お金の知恵の塊コラムを
担当しています「がの」です。

先週の記事にて
海外の銀行の預金金利は高いという話をしました。

中国銀行で5年定期で5%。
モンゴルの銀行で1年定期で10%以上。
一方、日本は0.03%…

非常に大きな差です。

「じゃあ儲けたいから
 モンゴルに預金しよう!」

少し待ってください。
これについては、じっくり考える必要があります。

まず、ここで考えなければいけないのは、
「なぜ10%以上も越える高金利か?」
ということです。

少し経済の勉強をしましょう。

インフレという言葉があります。
物価が上昇することですね。

実は金利は、インフレ率をもとに
算出されますが、

常に
(インフレ率)<(預金金利)
が成立します。

なぜでしょうか?

仮にインフレ率が10%。
預金金利が5%としましょう。

銀行に100万円預けると、
1年後に105万円になります。

しかし・・・インフレ率が10%ですから、
例えば「金」に100万円投資をしていたら、
1年後に110万円になっています。

お金を物に買えた方が
お得なのです。

このように
(インフレ率)>(預金金利)
が成立すると、誰もお金を銀行に預けなくなります。

じゃあなぜ
モンゴルは預金金利が高いのか?

インフレ率が高いわけです。

インフレ率が高いので、
預金金利を上げざるを得ないのです。

さて、インフレ率が高いと・・・
通貨安になりやすいです。
(一概には言えませんが)

また、成長国は輸出に力を入れたいですので、
意図的に自国通貨を安く調整する国が
多いです。(お隣、中国はまさにですね。)

ということは?

例えば、
預金金利で10%儲けても、
モンゴルトゥグルグが10%円に対して安くなれば、

せっかく高金利で預けた
意味がないのですよね。。。

あくまで例なので、
書いたように動くかは不明ですが、
このようなリスクがあることは、
理解しておく必要があります。

モンゴルが預金金利が高いから
預金しよう!!!

ではなく、しっかりモンゴルの事情を調べた上で、
将来、成長して、円に対して強くなる確信が
もてた段階で、投資をして頂きたいと思います。

ということで、

それでは、
今回はこの辺で。

以上、
「がの」がお送りしました(^o^)/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【編集後記】

機内で体験した
ある2つの出来事。

まず1つ目。

「乱気流。。。」

これまでたくさんのフライトを
経験してきましたが
さすがに乱気流はごく稀で・・・

機内のアナウンスで

「只今“乱気流” に入りました。
 揺れがひどくなりますので
 お気をつけ下さい・・・」

もちろん安全を期しての
事前アナウンスなのですが

わざわざご丁寧に日本語で流れ
これから起こりうる嫌な状況を
勝手に想像。。

乱気流に遭遇した乗客の
ニュース映像が脳裏に
チラチラと浮かび出し、、、

急に胸がバクバク・・・・
手にはじわっと汗が・・・

実際にはそこまで揺れは
ひどくなかったので
ひと安心だったのですが

親切心と思ってのアナウンス。
意外と恐怖心を煽られました ^^;

2つ目は
成田空港へ着陸した時。

先ほどの乱気流の影響なのか
あるいは今回のロシア人乗客が
飛行機での旅行に慣れてないのか、、

「パチパチパチ・・♪」

どこからともなく沸き起こった
拍手が拍手を呼び、、、
いつのまにか機内は拍手喝采に。

(うんうん。。
 その気持ち、わかるよ・・・)

(初めて飛行機に乗った人は
 次はかなりビビるだろうな・・)

汗びっしょりの手を拭いて
まるで自分は慣れてますよ・・
張りに涼しい顔をしながら

「スパシーバ(ありがとう)」
と挨拶しながら機内から降りたのは
言うまでもありません・・・苦笑

– – – end – – –

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました!

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

両角 崇

(以下、お勧めのコンテンツです)

金(ゴールド)を保有するだけで・・・
・将来的な値上り益が享受できる
・毎月安定した収入が入る
・値下がりリスクがほぼゼロ
・小額から参加できる
「秘密の“金”案件」をご案内する
GLOBAL流 最新「金」資産運用セミナー(動画)を公開します!

▼セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA236

HSBC香港に口座をお持ちの方も
これから開設されようという方も必見!
『HSBCフル活用セミナー』
セミナーダイジェスト版(約2分) ができました。
視聴無料ですので、ぜひご覧下さい^ ^
▼HSBCフル活用セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA260

海外投資の酸いも甘いも
たくさん経験してきた我々Globalが
「海外不動産投資において
こんな案件あったらいいのにな・・」
を形にした素晴らしい案件をご紹介致します!

▼メルマガ講座の登録はこちらから
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA246

▼Global Investment Academyが提供する
世界各国から収集した海外投資のノウハウを凝縮した
数々のイーブックをお届け!!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA33