Vol.12「円安に対処する3つの方法」

Vol.12「円安に対処する3つの方法」

みなさん、こんにちは。

グローバルインベストメントアカデミーの
両角崇(もろずみたかし)です。

7/12付けのGIアカデミー通信では
日本が安倍政権のもと進められている
アベノミクスによって今後長期的に
円安基調になっていく理由について
我々なりの視点で整理してみましたが
如何でしたでしょうか?

もちろん様々な要因が複雑に絡み合い
一筋縄にはいかないと思いますが、
国内経済を活性化させる上でも
円安に持っていきたい・・・

現政府からはそんな姿勢は強く感じられ
この異次元的金融緩和政策によって
円安の流れになることは
もはや止めることが出来ないでしょう。

では、そのような流れの中
我々としてどのように対応すれば
良いのでしょうか?

今回のGIアカデミー通信では
グローバルな視点・立場から
3つの対応策に触れてみたいと思います。

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
  1) 通貨を変える
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

これをお読み頂いているほとんどの方は
勤務先の会社からの給与であれ、
所有している不動産からの家賃収入であれ
日本円で収入を得ているはずです。

そして今銀行に預けている貯金も
資産運用している株式への投資も
資産はほとんどが日本円だと思います。

もし円安が進めばどうなるのか?

実は手にしている収入は
貨幣価値が低いものをもらうことになり
保有している資産までもが
どんどん目減りしていることをさすのです。

それを防ぐ手立てとして
一番簡単な方法としては、
日本円以外の通貨に変えておく
ということです。

もちろん、円が予想に反し高くなる
そんなこともあるかもしれませんが、
資産のポートフォリオから考えても
為替のリスクを回避していく点においても
非常に重要なことなのです。

そして、それは日本国内の銀行で
外貨を持つのではなく
利息の高く、かつ手数料が安い
海外の銀行で保有する事を
お勧めしております。

具体的にどの通貨で持つかについては
以前のバックナンバーで紹介しているので
そちらで再確認願います。
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA64

ただ、いくつかの国で見られますが
日本人が海外で銀行口座を開設することが
出来なくなっていますし、
今後それはさらに厳しくなるでしょう。

既にご経験があるかもしれませんが
送金1つとっても、いちいち
金融機関の窓口でしつこく聞かれます。
(目的、送金先との関係、資金の出所など)

国としては、
国が発行する国債を買う人やその原資が
これ以上国外に流れ出すことを防ぎたい、
その意図が見え隠れしています。

日本円以外の通貨に変える事
そしてそれをいち早く海外に開設した
自分名義の銀行口座に移すこと、
こちらも早め早めのアクションを
お勧めしています。

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
  2) 外貨を稼ぐ
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

円安になり、
日本円としての資産価値が目減りする中で
みなさんに是非やってほしいこと。

それは、ヤフオクやe-bayなどを使って
国内外の価格差を利用した
輸出ビジネスを行うことで
外貨を稼ぐということです。

こちらは、GIアカデミー通信でも
最近ちょくちょく取り上げておりますので
その重要性についてはご理解頂けている
かとは思います。

外貨を稼ぐメリットは
資産ポートフォリオを強固にするだけでなく
為替差益も狙えるということです。

為替差益が発生する仕組みについて
簡単な例で説明しておきますね。

1つ100ドルする時計を
e-bayなどを使って海外で販売した時に、
為替が1ドル=100円であれば
1万円の売上を手にすることになります。

話を簡単にする為にシステム使用料などの
手数料などは除いて考えますね。

しかしながら、円安になり
1ドル=120円の時に同じことをすれば
売上は1万2千円に増えるのです。

同じモノを同じ価格で販売しているのに
為替が円安に触れたことで
収入が2千円増えたことになります。

20%の円安で利益が20%増える。
ということは、、、、

1ドル=125円になれば、25%アップ
1ドル=130円になれば、30%アップ
そして、1ドル=150円になれば
1.5倍になって元手が帰ってくるのです。

この理屈、わかりますよね?

円安のタイミングは誰にもわかりませんが
円安基調になることは理解出来ますし
如何にして外貨を獲得していくのかが
今後ますます重要になるのです。

そしてこの外貨を稼ぐのに
もっとも適しているのが
二国間で行われる、貿易。
つまり、物販ビジネスなのです。

前回のアカデミー通信でもお伝えした通り
この物販に関するビジネスセミナーが
今月末に全国8カ所で行われます。

今回のセミナーでは
なぜ物販ビジネスが重要なのかという
理論、マインド的なお話というよりは

誰もが、すぐに外貨を稼げるようになる
本人の努力、創意工夫によって
月5万、10万円と、小さいことはいわず
月30万円以上の外貨を稼げるようになる
そのような実践型のセミナーです。

本業以外に収入の柱がない人は
比較的少資本からスタートでき
専門的な知識と経験が不要な
物販ビジネスからスタートしてみて下さい。

セミナーの概要及び申込はこちらから
→ こちらのセミナーは終了いたしました

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
  3) 複合投資として最適な
   長期積立ファンドに参加する
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

物販ビジネスで得たキャッシュでも
海外での不動産収入から得たインカムでも
日本にイチイチ持ち込んでいたら
手間も手数料もかかり、もったいないです。

ましてや、
消費に回したら意味がありません。
ただ、これが出来ない人が多いですね。

自らの欲求は満たされるかもしれませんが
これではいつまで経っても
お金を貯めることは難しいです。

お金を貯めるコツはシンプルです。

収入を増やすか、支出を減らすか
あるいは、資産を運用するか
極論すれば、これだけなのですから。。

それともう1つ大事なお話。。

海外で得た収入、インカムは
原則その国で運用するということです。

つまり、ビジネスで得たインカムも
投資から得たインカムも、
消費に回すのではなく
また次の投資商品に回していくのです。

これが、いわゆる「複合投資」
グローバル流 “ ハイブリッド投資 ”
というものです。

そして、その複合投資先として
最適な商品なのが
「長期積立ファンド」なのです。

長期積立ファンドの商品自体については
また別の機会に詳しく説明しますが
簡単にいうと、時間と商品を分散しながら
長期に渡って複利で運用していく
ローリスク・ミドルリターンの商品に
該当するものです。

ファンドの価格が上下に変動したにせよ
ドルコスト平均法として
毎月定額をコツコツと購入(投資)していく。

そして、時間を味方につけながら
複利という考え方のもとで
元金に利息が加わって雪だるま式に
金額が増えていく。

もし、このような流れが海外で、
しかも外貨で出来るとすれば
日本円が将来的に価値を落としたとしても
安心して生活することができるはずです。

もちろんこれらの商品に
日本の方が日本で加入することは
法律上禁止されていますが
国外で商品の話をきく、
あるいは契約するこのことについては
日本の居住者であっても出来るのです。

こういうことも
知っているかいないかで
後々の人生に大きく関わってきます。

まずは知識と知恵をつけて
行動を起こしていく癖をつけましょう。

■□━━━━━━━━━━━━━━━□■
  自らの資産は自らの手で守る
■□━━━━━━━━━━━━━━━□■

以上見てきたように、
日本円の価値、信頼が揺らいでいる
今だからこそとるべき方法と
タイミングがあるのです。

まずは、今ある資産を外貨に変える。
そして、物販などで外貨を獲得し
獲得した外貨を長期積立ファンドなどで
長期に渡って運用していく。

これが、今の日本で生活している
多くの日本人にとって
とるべき対処法だと考えています。

日本の財政事情は
刻一刻とその深刻さを増しています。

国が抱える借金(債務)は
我々国民全体が1年間で生み出す
付加価値(GDP)の約2倍にもなり

あの財政危機でデフォルト(国家破綻)が
噂されるギリシャをも上回っているのです。

もう国が守ってくれる時代は終わりました。
自らの資産、家族含めた将来は
自分たちの手で守るしかないのです。

是非みなさんも、自らのこととして捉え
少しでも早く行動に移してください。

我々は海外というマーケットを活用し
少しでも日本人の方が安心した将来を
手にすることが出来るように
賢く生きる為の知恵と方法を提供し
そのお手伝いをさせて頂いております。

是非一緒にお金について学び
投資についても勉強していきましょう!

今回も最後までお読み頂きまして
誠にありがとうございました!

ご意見・ご感想・お問い合わせも
お待ちしておりますので
お気軽にコチラから!
⇒ http://academy-global-investment.com/support/inquiry/

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

両角 崇