GIA通信vol.104「世界は思ったよりヤバいのではないかな」

GIA通信vol.104「世界は思ったよりヤバいのではないかな」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

今号が2014年最後の
配信になります。

1年間を通して今もこうして
メルマガを書き続けられるのも

みなさんからの

“いつも為になる情報を
ありがとうございます!”

“たくさんメルマガを登録した中で
これは毎回欠かさず読んでいます”

“実は子供にも
読ませてるんですよ・・^^”

といった
励ましの声、温かい声の数々を
頂戴しているからです。

まずはこの場をお借りして
感謝申し上げます。

さて、この時期になると
みなさんも1年を振り返って
色々と考えることが多いかと思います。

私も先日カレンダーを
パラパラと遡って見てたら
ある事に気付き
自分でもビックリしました。

行動することが大事!
と、いつも口にしてきましたが
まさかこんなに・・・・

一体どんな事に驚いたのか?
続きは【編集後記】にて。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  “コンドラチェフの波”
    の正体とは?
■□━━━━━━━━━━━━━□■

最近思うのです。

“世界って思ったより
ヤバイのではないか・・・” って。

当然、、、ただ無根拠に
こんな大袈裟な言葉を
書いている訳ではありません。

経済用語の一つで
“コンドラチェフの波”
という言葉があります。

これは国の経済というのは
約50から70年の周期で
好調と不調の波を繰り返す
という説です。

今から約70年前に
日本で何が起きてたかというと
“第二次世界大戦の終盤”
だった訳です。

その約70年前を見てみると
1870年前後ということで
1868年で明治維新の時期です。

要するに幕末の動乱が
終わった訳ですね。

その前は、少し近いですが
天保の大飢饉が1833年です。

このコンドラチェフの波の
基本的な考え方ですが

まず経済成長によって
多くの人が潤って需要が増え
商売が活発になって
どんどん経済成長していく。

この期間が25から35年程度。

そしてピークを迎えた時に
人々は物質的にすでに豊かなので
需要に陰りが見え始め

景気のピークに合わせた供給は
供給過剰に陥り、景気が
どんどん下降していく。

そして、最終的に
供給過剰の問題は解決せずに
戦争や飢饉などの
「人口が減る=需要が減る」
ような大問題が発生する。

景気のピークから景気の底までの
期間が25年から35年。

そして、戦争や飢饉等によって
需要と供給のバランスが崩れ
また新たに経済成長をスタートする。

こんな循環です。

このコンドラチェフの波を信じた場合
2015年という来年は
景気の底にあたり

中国やロシア、東欧の問題
世界の財政危機など
何か爆発する出来事がないか?
と考えられたりします。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
革命が起こりそうな技術革新は
  ピンチか?チャンスか?
■□━━━━━━━━━━━━━□■

別に戦争が起こるかも?
と言っているわけではありませんが

ウクライナや中国等を見ていると
戦争が起こる可能性がゼロだとは
言い切れません。

また、全く別の見方になりますが
最近、、、革命を起こすような
ものすごい技術革新の実用化が
増えていることに気づきませんか?

一例をあげると、、、

・3Dプリンター

・人口知能

・Goobleカー

・ソイレント

・仮想通貨

などなど。

景気の波を反転させる事を
想定させる様々な技術革新が
ここ2,3年で急に出てきている。

そう思うのは
単に気のせいでしょうか?

3Dプリンターなんて
空港の荷物検査に通らない拳銃を
素人が作れるように
なってしまいましたからね^^;

これはテロ行為を考えても
とても怖い技術発展です。

不安定な世界情勢。
急に出てきた技術革新の数々。

コンドラチェフの70年周期説は、
あながち間違ってもいないのかな?

何かの兆候なのではないかな?
と思っている訳です。

来年以降、
70年に一度の大変動期が来ると
仮定をしましょう。

人生に一度あるかないかの時期が
目の前に迫っています。

エライ大変な時代に
生きてしまったと思うか、、

それとも
戦後の混乱期から逆転大出世をした
某有名企業の社長達のように、、

この混迷期を
大きなチャンスと捉えるのか?

特に先に述べた
大きな技術革新の波に乗り
新しい産業のチャンスに乗れないか?

大変動期を賢く生き抜く上で
非常に大きなポイントだと
思うのです。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
生きている間に仮想通貨が出現し
このような革命的な進歩に出会えた
これは・・ある意味奇跡である。
■□━━━━━━━━━━━━━□■

上のサブタイトルですが
某日本の学者の言葉です。

ほとんどの日本人にとって
ビットコインをはじめとした
仮想通貨の存在はなかなか
理解し難いものですが

インターネットの出現と同等
いや、もしろそれを大きく越える
革命的な発明であると言えましょう。

まさに大変動期に出現するに
ふさわしい “革命的技術” なのです。

え?そんな事を言われても
話についていけない?

それは当然の事かもしれません。

最近、仮想通貨の可能性を理解し
知識を深めようと様々な
情報にアクセスをしていますが

日本語の仮想通貨の情報は
非常に表面的なものばかりで
結果的に行き着く先は
英語のサイトにならざるを得ません。

つまり、もともと語学に問題がある
我々日本人にとってタイムリーに
正しい情報が入ってきているとは
言い難いのです。

ビジネスや投資の世界で
よく言われている事として

アメリカ人やイギリス人は
マーケットが成長しはじめて
1合目、2合目で参入しますが

日本人は
7合目、8合目から参入し
欧米人がマーケットから
いなくなってから盛り上がっている

という話。

悔しいですが
あながち間違いでもないのかなと。

ですからまだ2合目、3合目にある
仮想通貨の技術やマーケットを
GIA通信の読者であるみなさんに
理解してほしいと思っています。

仮想通貨が理解され
世間一般に浸透していけば
多くの人の職を奪うことになります。

大袈裟ではなくて
お金を主に扱う証券会社や
銀行だけの問題ではなくて

あなたの職も
仮想通貨の技術によって
奪われる可能性があるのです。

産業革命にも及ぶかもしれない
ムーブメントがすぐそばに
近寄ってきているのです。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  仮想通貨の未来を予想する
 第2回セミナー開催決定!
■□━━━━━━━━━━━━━□■

2014年10月末に
開催させて頂いたセミナー

「仮想通貨革命と
上流層だけが知る資産運用手法」

当日はWebセミナーを含めると
550名以上の方が参加され
大好評のうちに終える事ができました。

仮想通貨の可能性を
正しく深く理解頂くとともに

「上流層のみが知る資産運用手法」
にも、数々の反響を頂きました。

運営をした弊社一同も
数々の喜びの声を頂く事で
やりがいを大きく感じたセミナーでした。

一方で、、、
そのセミナーは東京と大阪でしか
行わなかったために

“仮想通貨に興味があります!
他の地域では実施しないのですか?”

というお声も多く頂きました。

そこで、、、
前回セミナーでの大きな反響と
他の地域での開催要望を加味して

1月29日から2月1日の間で
福岡・名古屋・大阪・東京
の全国4ヶ所で

第2回仮想通貨セミナーを
開催する事が決定致しました!!

まだ前回のセミナーから
2ヶ月程度しか経過しておりませんが
その間にも仮想通貨の世界は
日々大きく動いています。

第1回セミナーでお話していない
新たな情報・話題をメインに
2015年最強の技術革新である
仮想通貨について掘り下げてまいります!

当日お話しする内容を
チラッとご紹介すると、、、

・投資という観点で仮想通貨は
どのように捉え、活用するか?

・市場の価格変動はどのような
タイミングで起こっているのか?

・価格変化を売買に活用するためには
どのような視点から行えばいいのか?

・実践的なトレーディング手法とは?

・ビットコインを使用できる
新しい様々なサービスとは?

・低額決済が引き起こす
 新しい仕事の可能性。
新規に起こる様々なビジネスとは?

・仮想通貨の新しく起こるビジネス
 産業の可能性とは?

・仮想通貨絡みで成長する
 可能性のある上場企業名公開!
(株式投資のビッグ・チャンス!)

などなど、、、
内容盛りだくさんでお届け致します。

もちろん
前回来られなかった方のために
仮想通貨に関する基礎的な部分も
ご説明致しますのでご安心を ^^

仮想通貨・・・・
やっぱり、怪しくねくぇ?

怪しいと思って排除するのは
各自のご判断にお任せしますが

我々は「産業構造を覆す」
激動期にふさわしい技術革新だと
真剣に考えています。

その真意のほどは・・・
セミナーでお確かめください!

▼第2回仮想通貨セミナーの申込はこちら
終了しました

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【編集後記】

生活の拠点を海外に置いたとしても
私どものお客様のほとんどが
日本にいらっしゃいますし

何かと各種セミナーや
お客様とのコンサルティングで
日本に入るケースが多いですが

先日その移動回数を数えてみて
これほど多く海を渡ったのかと
自分でも驚きました。。。

2012年、2013年とも
渡航した国は30ヶ国程度でした。

しかし、今年はなんと、、、

「62ヶ国」

誤解しないように補足しますが
これはあくまでも
“延べ” としての数ですから

実際に62の違う国に行った
ということではありません・・ ^^;

ただ、実際に国境を越えての
移動ということになりますので

それだけの回数の税関
(イミグレーション)を
通過したということです。

各国それぞれ違った税関カードに
記入する必要があるのですが
その記入スピードだけは
もはや誰にも負けません ^^

訪れた国を多い順に並べると

1)シンガポール 18回

2)タイ     17回

3)日本     10回
  マレーシア  10回

5)香港      3回

6)中国本土    2回
  (上海、珠海)

7)マカオ     1回
  カンボジア   1回

となりました。

意外にもシンガポール空港を
よく利用していたとは・・^^;

私の師匠でもある
チャーリータカ氏は

年間延べ100ヶ国以上
しかもそれをもう10年以上も
続けています。

しかもどの国にも1年のうち
通算で1/3以下しか滞在しない
といいます。

こういう人を

「パーペチャル・トラベラー」
 (=永遠の旅人)

と世の中的には言うそうです。

※パーペチャルトラベラーに
興味がある人はこちらをどうぞ。

→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA120

チャーリー氏は
世界各国に自宅があるので
鞄1つで世界中を飛び回っています。

また、季節に合わせて
自分が好きな時に好きな国へ
移動することも少なくありません。

例えば、日本には
季節の移り変わりが
肌で感じられる春と秋に入り

猛暑が厳しい夏は
涼しいカナダのバンクーバーに

そして寒さで凍える冬は
乾季で温暖な気候のタイ・バンコクに。

この生活パターンを軸に
1年のうちに100ヶ国以上も
世界を飛びまわっているのです。

私にはまだそのような生活が
出来るレベルには到底及びませんが

自分の知らない国にいって
新しいモノに触れるということは
大変刺激になりますし

自分の視野を広げるのに
役立つことは間違いないでしょう。

2014年はアジア内の移動に
留まりましたので

来年こそはもっと色々な国に行き
自分の目で肌で世界を感じてきます。

そしてそこから学んだ事を
またこのメルマガを通して
みなさんにもお伝えしていきたい
そう思います。

2015年も引き続き
どうぞよろしくお願い致します。

– – – end – – –

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました!

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

※次回は1月11日配信予定です

両角 崇

(以下、お勧めのコンテンツです)

金(ゴールド)を保有するだけで・・・
・将来的な値上り益が享受できる
・毎月安定した収入が入る
・値下がりリスクがほぼゼロ
・小額から参加できる
「秘密の“金”案件」をご案内する
GLOBAL流 最新「金」資産運用セミナー(動画)を公開します!

▼セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA236

HSBC香港に口座をお持ちの方も
これから開設されようという方も必見!
『HSBCフル活用セミナー』
セミナーダイジェスト版(約2分) ができました。
視聴無料ですので、ぜひご覧下さい^ ^
▼HSBCフル活用セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA260

海外投資の酸いも甘いも
たくさん経験してきた我々Globalが
「海外不動産投資において
こんな案件あったらいいのにな・・」
を形にした素晴らしい案件をご紹介致します!

▼メルマガ講座の登録はこちらから
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA246

▼Global Investment Academyが提供する
世界各国から収集した海外投資のノウハウを凝縮した
数々のイーブックをお届け!!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA33