【米国利上げなのになぜ円高に??】

【米国利上げなのになぜ円高に??】

【米国利上げなのになぜ円高に??】
 
米国利上げが決定されたにも関わらず、
何で円高になっているのでしょうか??
 
普通、利上げとなった場合、
ドル買いからのドル高円安の
流れとなりますよね。
 
 
しかし今回、
若干円安に振れたものの、
すぐに円高になりました。
 
 
それはなぜでしょう???
 
 
ん〜。。。
 
 
私自身、
イメージとして
トランプ政権による建設業界での
雇用の盛り上がりから、
 
 
米国雇用統計の好調
→米国利上げ
→ドル高円安
→株高
 
 
の流れが来ると思っていましたので、
輸出関連株を買いポジションで入って
大きく円安に振れるのを
待っていたのですが、
 
 
そこまで円安に振れず、、、
 
 
というか円安には振れましたが、
雇用統計の発表からの
利上げ期待からの円安が一番で、
 
 
利上げ発表の時は
逆に円高になっていってしまいました。。。
 
 
まあ、この流れを見て、
新興国からの資金の巻き戻しや、
欧州のリスクから円買い圧力が勝っているのかと思い
すぐさま薄い利益で買いポジションを手放し、
売りポジションに切り替えましたので
結果として良かったですが^^
 
 
ゴールドの価格を見てみると、
3/15(水)のFOMC利上げ発表時、
1オンス1,200USD程度から
一気に1,220USD上昇しています。
(現在は1,240USD程度まで上がっています)
 
 
ゴールドの価格と米国株価は
逆相関関係にありますので、
 
 
利上げ発表
→景気の抑制
→米国株安
→リスクオフ
→ゴールド買い
 
 
という流れが現在起こっているのではないかと
思われます。
 
 
そして、このリスクオフの流れは
円買いにつながりますので
現在円高になっているのではないかと。
 
 
他の通貨の動きと比較してみても、
ドル高新興国安に対し、
円高ドル安となっていますので、
 
 
ドルが売られて安くなったというより、
リスクオフの流れから円が買われたのではないかと
考えられます。
 
 
今後はどうなるのかと言いますと、
米国では残り2回の金融引き締めの流れがありますので、
これによりますます新興国などのリスクが高まっていき、
円高になっていく可能性はありますよね〜。
 
 
ただ、トランプ政権により、
米国の経済は良くなっていくと考えられますので、
再び米国株高からのリスクオンの流れが
戻ることも十分に考えられます。
 
 
この辺りはトレンドとしてこうなる、とは言えず、
今後どのタイミングでどんな材料が出て来るのか?
によって変わってきそうですね。
 
 
引き続き注目して見ていきましょう!!
 
 
以上、
最後までお読み頂きありがとうございます。
 
 
こちらの記事が参考になった
という方は、シェア、コメントをお願いいたします。
 
 
一つ一つ丁寧にご回答させて頂きます。
 
 
※誹謗中傷するコメントは受け付けませんので
ご了承ください。
 
 
筆:こやま
 
 
————————————————————————
 
▼アフィリエイターさん募集!
 
コンテンツ購入者様の9割以上から
「満足」の評価を得ている弊社商品を紹介し、
報酬を獲得しませんか?
GIAアフィリエイター登録はこちら
→ https://academy-global-investment.com/_aff/regist.php?type=nUser&visit=giamm
 
 
▼大好評頂いております!
 
毎週日曜日配信、弊社無料メルマガ!
投資のアルファベットから玄人向けの案件に、
世界経済の情勢、金融まで!毎週濃いコンテンツをお届けします。 
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIAchie03