【「円」はなぜリスクオフの時に買われるのか?】

【「円」はなぜリスクオフの時に買われるのか?】

【「円」はなぜリスクオフの時に買われるのか?】
 
市場がリスクを回避する動きになると
安全資産?である「円」が買われ、
「円高」になりますが、
これはなぜでしょう?
 
日本は世界第3位の経済大国であるものの、
成長率は弱いし、
国債の格付けもそこまで高くないし
地震や台風などの災害大国だし、
北朝鮮のリスクもある…
 
なぜそんな国の通貨が、
有事に買われるのか???
 
 
まずはリスクオフの流れの中、
水面下ではどういう現象が
起きるのか見てみましょう^^
 
 
リスクが高まりを感じた際、
投資家というのは投資先から
投資資金を引き上げます。
 
 
例えばあなたが株を所有していたとして、
経済危機が起こって、
株価が下がりそうだ!となれば、
それを手放して、現金化するか、
経済危機に強いものに資金を移動しますよね?
 
 
中長期的に見て価値は上がりそうであれば
もちろんその限りではありませんが、
 
 
機関投資家などは
短期売買で収益を上げていくことがほとんどですので、
全体的な流れとしてはそうなります。
 
 
そして、
日本というのは、
世界的にみて主要国の中でも低金利ですし、
円は世界的な需要があり、流動性も高いため、
 
 
他の国の企業や投資家が円建てで借金をし、
その資金を元に様々な投資先で運用しているところが多いのです。
 
 
※円キャリートレードという
 
 
ここで例え話にいきましょう。
 
 
ニュージーランド人の投資家Aが
円で資金調達をして、
ロシアで不動産事業に投資していたとしましょう。
 
 
原油価格の暴落や
その他マイナス要因が起きた場合、
先ほどお伝えしたように、
投資家は資金の回収を行いますから、
ロシアから資金を引き上げる動きが起こります。
 
 
ここでどのようになっているかと言いますと、
ロシアでの投資では、当然ロシアの通貨
ルーブルで行われますので、
 
 
ルーブルを売って円を買い、
返済を行なう
 
 
という動きが起こり、
一時的に円高が引き起こるのです。
 
 
ただ、次の有望な投資先がみつからない場合、
とりあえず日本に円のまま置いておくことがあるため、
円の価値が高止まりしてしまうことがあるんですね。
 
 
他にも理由はあるのですが、
ここまでお伝えするだけで
結構長くなってしまいましたので
とりあえず今日はここまでにして、
次回お話ししますね^^
 
 
あ、そう言えば今日の市場の動きですが、
今朝、市場を見てみると、
昨日から比べて、
 
 
・円安
・ダウ平均上昇
・ゴールド価格下落
 
 
となっておりました。
 
 
米国国債金利が
下落しているのは気になりましたが、
今日は少しリスクオンの流れになるか…?
 
 
と思って今日は株価が上がりそうかな〜
とイメージしていましたが、
米軍によるシリア爆撃が伝えられてから
リスクオフの流れに変わり、
ゴールドの価格と円が一気に上昇しました!
 
 
それはそれでチャンスでしたが、
また終盤盛り返す結果となり、
今日はなかなかボラティリティの高い
一日となりましたね^^
 
 
また引き続き市場には注意して見ていきましょう!
 
 
以上、
最後までお読み頂きありがとうございます。
 
 
こちらの記事が参考になった
という方は、シェア、コメントをお願いいたします。
 
 
一つ一つ丁寧にご回答させて頂きます。
 
 
※誹謗中傷するコメントは受け付けませんので
ご了承ください。
 
 
筆:こやま
 
 
————————————————————————
 
▼良質な「学び」を「お金」に替えるプログラム
GIAアフィリエイタープログラム
登録簡単!今すぐこちらからどうぞ!
→ https://academy-global-investment.com/_aff/regist.php?type=nUser&visit=acf
 
 
▼大好評頂いております!
  
毎週日曜日配信、弊社無料メルマガ!
投資のアルファベットから玄人向けの案件に、
世界経済の情勢、金融まで!毎週濃いコンテンツをお届けします。 
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIAchie03
 
LINEでの受信を希望される場合は下記からどうぞ!
→ https://line.me/R/ti/p/%40vjj8385i