画像がうまく表示されない方は、
こちらのWEBページをご覧ください。
GLOBAL INVESTMENT ACADEMY GIA通信 Vol.249
21万円から参加可能な海外投資案件始動!
みなさん、こんにちは。


Global Investment Academyの
中村です。


年内にある大物人物と会食の予定があります。
その人は誰かと言いますと、
『ホリエモン』こと堀江貴文氏です。
なぜ私が堀江氏と会えるようになったのか?


それは今回本題でお話する、
マイニング事業が関わっています。


その内容とは・・・?


続きは【編集後記】にて
ついに案件化が決定!!
海外マイニング事業・・・始動!
先日からお伝えしてきていた、
マイニング事業ですが、


ついに懸念点も全て解決して、
案件のスタートができそうです!


『今さらマイニング事業なんて言ってるの?』
と、思われている方、ちょっと待ってください。


『今さら』ではなく『今だから』
マイニング案件に参入するという根拠を、
下記にてお伝えしたいと思います。


そして、その内容は、他のマイニング案件では、
明かされないレベルの情報だと、
胸を張ってお伝えできます。


今回のマイニング案件では、
2つの大きな強みがあります。


当案件強みの1つ目は
『マイニングマシンの性能』
マイナーたちが喉から手が出るほど欲しがっている、
bitmain社のS9を稼働させます。


今ビットコインの価格が、
また90万円前後まで上昇しているので、


このマシンが1ヶ月で採掘するビットコインは、
約69,000円分になります!!


毎月69,000円入ってくる!これは凄いことですが、
マイニングが簡単ではないのが、
『稼働コスト&稼働管理』です。


コストとしては電気代が高ワットのドライヤーを、
24時間つけっぱなしと同じくらいかかるので、
日本では、30,000円近く電気代がかかります。


その上、激しいファンが回る音と、
凄い熱を発する形なので、自分の家で稼働させる、
というのはほぼ難しいです。


そして、マイニングマシン自体には、
モニターに繋ぐような端末はないので、


他のパソコンを用いて、マイニングマシンの、
ネットワーク内に入って設定を行います。


私自身、パソコン専門店で仕事をしていた身ですが、
この辺りのネットワーク設定は、
一般的なPC知識の方では非常に難しいです。


と、いうことで、2つめの強みですが、
『海外でのマイニング管理パートナーがいる』ことです。
今回は電気代が安く、寒い気候で、
マイニング事業をするのに適した、
内モンゴル自治区にて、頼もしいパートナーを得ました。


こちらのパートナーは4年前から、
bitmainのマイニングマシンを稼働させており、
すでに4,000台以上のマイニングマシンを稼働しています。
しかもパートナーの代表は、
現地の電気会社の海外部門責任者だったキャリアもあり、
今後30年間、マイニングマシンを稼働させるための、
電力を得る認可を得ております!


こちらのパートナーに
私たちのマイニングマシンを管理してもらい、
電気代、場所代、管理費用などを差し引き、
投資家様へ還元されるビットコインが、
27,000円ほどになる見込みです。


そして、気になるところは、
このマイニングマシンの価格ですが、


アマゾンでは90万円で中古が転売されていたり、
下記のような代理店販売をしているところでは
56万円などで販売されております。
それを私たちはパートナーのつながりで、
原価の20万円で購入が可能なのです!
(電源や現地消費税を含みます)


これを私たちが一元管理、
現地との交渉などの管理手数料を5%いただき、
当案件への参加価格は、


1口=210,000円となります!
ここまでコスパの高い案件見たことある?
数字でわかる案件の魅力!
例えばこのマシンを10口購入した場合、
かかる費用は210万円です。


注文から納期が2ヶ月弱かかり、
そこから稼働が開始するので、
マイニング報酬を受け取れるのが3ヶ月後ですが、
今のビットコインの価格で考えると、
毎月27万円分受け取れることになります。


毎月27万円、、、、、とんでもない額ですよね。


海外の条件の良い銀行で、
利回り10%のところに預けたとしても、
毎月27万円をうけとろうとするなら、
3,240万円を預ける必要があります。


日本国内で、利回り7%の不動産で、
毎月27万円の家賃収入を得たいなら、
4,630万円の不動産が必要になります。


それが、現時点での市場では、
210万円で得ることができる状況です。


しかもビットコインの価格は、
この1年ほどで、10倍近く上昇しました。


今回のマイニング案件で投資家様が受け取るものは、
現金ではなくビットコインそのものです。


そのコイン自体をそのまま保有して、
今後もさらなる値上がりをしていくと考えると。。


本当に夢のようなポテンシャルの高さだということが、
ご理解いただけるかと思います。
今さらマイニング案件が遅い??
ポジショントークに注意してください
私が自身のFacebookにて、
マイニング視察に行ったことを報告した際、
沢山の反響をいただきました。


「今後の情報が楽しみです!」
「この案件への参加資格は何でしょうか?」



個別メッセージでも、
上記のようなありがたい声を沢山いただきました。


そんな中、


「マイニングと言われても今更感がありますね」


「3〜5年前なら分かりますが、今頃から始めようとしているのですか?情報&アクションが遅いのですね」


的なお声がけも数点いただきました。


このようなお声がけをいただいている方は、
ほとんどの方が現状のマイニングを勉強せずに、
闇雲に否定をしている方たちがほとんどです。


なぜかと言いますと、ご存知の方もいると思いますが、
3年前に、実際弊社の方でも、マイニング事業の、
お手伝い、紹介をさせていただいておりました。


逆に、この頃はマイニングの運営側が赤字となり、
運営をストップする結末となってしまいました。
(投資家様は配当分のビットコインで、最終プラスになっております)


当時は、まだビットコインの価格は3万円前後、
今の30分の1以下ほどの価格です。


それに対して実機が必要な上に、
電気代&管理費用もかかります。


マイニングマシン1台を稼働させて、
受け取れる利回りは、ここ5年間では、
実は今が過去最高と言っていいほどのタイミングなのです。


それなのに、なぜ否定する人がいるのか?


そういう方が現れる理由は、
その方達の知識不足、勉強不足だと考えています。


FXや株の知識がない、投資アドバイザーがいた場合に、


「FXや株の運用ってどう思われますか?」
と、質問した場合、ほぼ帰ってくる言葉は、


「あんな投機性が高い投資は、私はお勧めしません!」
だと思います。


暗号通貨やマイニングに関しても同様です。


知識がないのに、相談を受ける立場の人は、
周りから聞く一般的なネガティブな情報を元に、
その情報を否定するしかないのです。


私自身、5年前くらいには社長の方達に、
節税対策の保険のアドバイスなどをしておりましたが、
その仕組みを理解できない税理士は、
自分が分からないことを言えないため、


「そんな保険は入らないようがいい!
しっかり納税して、しっかり事業で稼ぎなさい!」



的に社長にアドバイスをされて、
私も社長も困るということが多々ありました。
(いつも1番のハードルは税理士でした 苦笑)


そして、実際に私のFacebookのフィードで、
否定的なコメントをしてきた方は、
ファイナンシャルアドバイザーの会社で、
海外のオフショア保険を販売している方でした。


自分の商品を売りたいがために他を否定する、
ポジショントーク的な方も多く存在しますので、
惑わされないようにしていただきたいと思います。
とはいえリスクも大きい??
マイニング事業のリスク管理
魅力的なお話ばかりしてきましたが、
マイニング案件に関しては多数のリスクもあります。
リスクは大きく3つになります。


1)暗号通貨市場リスク
今回マイニング事業で受け取れる報酬は、
『ビットコイン』または『ビットコインキャッシュ』です。
(今後のファードフォーク次第では、選択肢が増える可能性もあります)


海外投資の為替リスク同様に、
受け取れるコインの価値自体が落ちていけば、
利回りは落ちていく可能性があります。


コインの価値が上がれば利回りは上がり、
コインの価値が下がれば利回りは下がる。
このリスクは絶対について回る形となります。


2)ディフィカルティ上昇による採掘減リスク
マイニング事業で絶対に抑えておくべきリスクが、
ディフィカリティ上昇のリスクです。
マイニング事業は参入者が増えるほど、
マイニングする難易度は上昇していきます。

今、ビットコインの価格は90万円ですが、
1年後も同じ90万円であれば、
間違いなく利回りは落ちます。


今後の動きが

《ビットコインの価格の上昇>ディフィカルティの上昇》
であれば、利回りは上がっていきますし、


《ビットコインの価格の上昇<ディフィカルティの上昇》
であれば、利回りは下がります。


3)事業運営リスク
実際預けたお金で実機を買っていない。(詐欺だった)


現地でマイニングマシンの盗難、地震、火災があった。


市場リスクなどにより、マイニング工場稼働ができなくなり、
案件自体が頓挫してしまう。


など、この辺りのリスクが一番怖いところです。


1)〜3)のリスクがどれほどのものなのか?
どれだけそのリスクを減らせるか?


などを徹底精査した上で、
今回の案件を進めております。
満を辞して、セミナーにて募集開始!
『暗号通貨、マイニング事業投資セミナー』開催!
ここでお話したのは、案件のごく一部の情報です。
上記にあるようなリスクの部分など含め、
セミナーでしっかりとお伝えして、
案件への募集をさせていただきたいと思います。


『暗号通貨、マイニング事業投資セミナー』
12月8日  名古屋(定員40名) 19:30〜21:30
12月9日  大阪(定員60名)  11:00〜13:00
12月10日 東京(定員72名)  11:00〜13:00
12月13日 福岡(定員30名)  19:30〜21:30
(エリア的に会場参加が難しい方は動画セミナーもあります)
会場は定員になり次第募集終了とさせていただきます。


当セミナーにて、今回のマイニング案件に関してまして、
詳細にお伝えをさせていただく予定です。


一点お願いがございます。


暗号通貨関連のご質問を、
こちらのメールに返信されるのは、
お控えいただきますようお願いいたいます。


ご質問がある場合は、セミナーに参加いただき、
その中でお願いいたします。


・・・最近暗号通貨の反響がすごく、
沢山のご質問が殺到しておりますので、
その旨ご了承ください。


最後に、これは私の本音なのですが、
今回の案件は、私自身が投資したく参加する案件です。
(ですので私自身も複数口購入します)


そして、参加される方達も、この可能性に、
賛同される方達だけにしたく思っております。


『ぜひぜひ案件の参加をお願いします!』


という思いは正直ありません。


『面白そうだな!中村の話を聞いてみるか!』


というワクワク感を持ってくれた方のみに、
セミナーで詳細をお伝えしたく思っております。


その思いを持っていただける方は、
ぜひセミナーでお会いしましょう!


『暗号通貨、マイニング事業投資セミナー』
編集後記
上記マイニング案件をある社長にお話したところ、


「その案件、非常に面白いですね!!
堀江さんと食事をする機会があるから、
一緒に来てお話ししませんか?」



という非常にありがたいお声がけを頂きました。



会員制の食事会で高額ではありますが、
このような機会を得れたのは大変光栄です♪


私自身、ここ数ヶ月、いっぱい勉強して、
実際に海外に足を運んで調べたりして来た事が、
少し報われた気がしました(涙)


やはり、情報は資産ですね!


堀江氏との2ショットが撮れましたら、
後日のGIA通信に載せたいと思います。
以上、今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
それでは、次回のアカデミー通信でまたお会いしましょう!
※本メールの内容は事前の書面による許可なく複製、複写、転載、転送する事を禁じます。
※本メールは、投資にご興味を持って頂いた方に特別にお送りしているメルマガで、投資学習用に作成されています。
 記載されている内容は、情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。
※ご紹介している事例や数値、市場動向の見通しなどは、この文章を書いた時点での数値を元にした参考例であり、
 将来の利回りや運用成果、市場環境の変動等を保証するものではありません
バックナンバーはこちら
メールアドレスの変更配信解除利用規約個人情報保護の方針お問い合わせ

※メールマガジン配信設定後に退会された場合、退会当日、または翌日にメールが届く場合があります。
何卒ご了承ください。

Global Investment Academy
Rm. 501A, Ocean Centre, Tsim Sha Tsui,Kowloon, Hong Kong
info@academy-global-investment.com

Copyright(C) GLOBAL INVESTMENT ACADEMY All Rights Reserved.

このメールはGIA通信に登録された方にお送りしております。