画像がうまく表示されない方は、
こちらのWEBページをご覧ください。
GLOBAL INVESTMENT ACADEMY GIA通信 Vol.210
非居住者だって楽じゃないよ
みなさん、こんにちは。 Global Investment Academyの両角です。

突然ですが、今週私、人生初の、ある病に倒れました・・。

その病がかなり強敵でしで、、、

続きは【編集後記】にて
実際に経験してきたからこそ
伝えられる本当の海外情報
私が海外居住者となって、、、いや、日本の "非居住者”となってはやいもので、5年と半年が経過しました。

もともと海外志向が強く、大学卒業後は外資系企業に勤務し、幾度となく海外出張に行く機会を与えてもらいながら、いつかは海外で働くぞ! という思いが強くなっていました。

ただ、そんな思いと同時に、やはり語学が他国の同僚と比べて一段階も二段階も劣っていましたので、悔しく辛い思いをすることになりました。

そこで自らの語学力を高めるべく、通勤時間などを利用して毎日必死に勉強をしたのは言うまでもありません。

また、自分のこども達には語学の面で惨めな思いをさせないために、また、異文化・異言語の中で国際的な感覚を身につけさせるように、できるだけ早いタイミングで海外の教育を受けさせたいと思って、彼らが小学校のうちに素晴らしい環境に恵まれた日本を飛び出した経緯がありました。

こうして5年以上が経過し、成果があった部分も、思い通りいかなかった部分も、それぞれ色々とありますが、自分が実際に海外で生活し、成功と失敗を繰り返しながら、そこから学んできた多くのことをできるだけたくさんの方に共有したい!

そんな思いでいつもこのメルマガを書いています。
さて、、、多くのお客様と接する中で、非居住者としてのメリット・デメリットを尋ねられることが結構あります。

今日は海外投資に携わっている人なら一度は考えたり調べたりしたことがあろう「非居住者」について、少し考えてみたいと思います。
非居住者はそんなに楽じゃない!?
実例のケースから考える
そもそも非居住者とは、原則として日本国内に住所がなく、かつ、現在まで引き続いて1年以上日本国内に居所がない人のことを指します。

日本国内に住所がないことから、住民税の支払いが免除されたり、相続税・贈与税の対象から外れたりと、ある一定の条件下では税制上有利に働くこともあることから、非居住者になりたがる人が多いのは事実としてはあるのですが、、、

ただ単に住民票を抜いたからといってすぐに「あなたは今日から非居住者だ!」というものでもなく、上記のように滞在期間の長さであったり、国内恒久的施設の保有の有無であったり、さらには国内法人の代表になってないか、海外での勤務や収入の実態はどうか、など他にもいくつか条件がありますのでその点は安易に考えないほうがいいでしょう。

また、上記の要件をクリアし、晴れて非居住者になったとしても(誰かがスタンプをくれる訳ではないです^^;)、実際みなさんが思っている以上にメリットだらけという訳ではなく、たくさんの制約を受けたり、不自由することが少なくありません。

先日私自身が経験した投資に関する例をあげてみましょう。
私は日本に収益不動産を所有しており、海外に居住している今でも毎年確定申告をしております。なぜなら非居住者であっても、国内を源泉とする利益については、国内で申告・納税の義務があるからです。

先日その一部の不動産を売却したのですが、国内に住民票を有してないので登記手続きに必要な印鑑証明書が出せず、自分が住む国の日本大使館に出向いて印鑑証明書の代わりになるサイン証明や、その国に住んでいる証明としての在留証明書などを入手する必要がありました。

自宅近くに運良く大使館があれば別ですが、場所によっては大使館に行くまでに何時間もかかるケースもあり、さらには書類の提出と受け取りに最低2回出向く必要があるなど、時間も手間もコストもかかったりします。

また無事に売却できたとしても、非居住者の納税漏れを防ぐという観点から、物件の決済時点で売却金額の一部を先に源泉徴収されてしまい(現在は10.21%相当)、キャッシュフローに悪影響を与えるばかりか、次回の確定申告の際に再度申告して還付してもらわないといけないという面倒でかつ煩雑な手続きになっています。

特に最近では、マイナンバーの提示をしないと銀行送金も受け取りもできないとか、さらには、金融機関によっては銀行口座自体を閉じられるなど厳しい処置が講じられるケースもあり、非居住者が肩身の狭い思いをしているケースが増えてきたように思います。

別に悪いことをしてる訳でもないのに、どうして非居住者であることでこんなに冷遇されなきゃいけないのだ・・・なんて思うことも、あったりします。。。
非居住者はさらに境地に・・・
ガラス張りになる自らの資産
備えはできていますか?
そんな中で、非居住者としてのメリットの1つがまた失われました。

平成29年度の税制改正大綱にて行われた、相続税・贈与税の納税義務者の見直しです。

そもそも相続税・贈与税に関しては、相続人と被相続人の両方ともが国内に5年以上住所を有していなければ、国外にある資産については日本の税法上からは対象外になる、というルールがあります。

そのルールに基づき、国内の高い税負担に頭を悩ましていた富裕層たちがこぞって海外に脱出して、何とか5年を耐え凌ぎ、多くの資産を上手に承継させ、日本国内での納税を回避していた、というケースが後を絶ちませんでした。
そこで日本の当局としては、これ以上の課税逃れを防ぐためにも、日本国外に住む期間を5年から10年に伸ばすことで徴税強化をしたという訳です。

もちろん、全ての非居住者が日本での相続税・贈与税を回避するために海外に居住している訳ではありませんし、ごくごく一部の人間が対象かもしれませんが、もしそれを目的としてここまで頑張って海外に居住し、さぁ、あと少しで5年だぁ〜! と思ってた矢先の人にとっては、まさに今回のこの制度改正は青天の霹靂だったことでしょう・・・

これはほんの一例ですが、特に現在日本の非居住者に対する課税の強化・資産の把握に向けた動きが、ものすごい速さで進んでいるように思えます。

今回お話したことは直接みなさんには関係ないかもしれませんが、マイナンバーや国外財産調書の提出、さらにはCRS(共通報告基準)に基づく自動的情報交換制度の導入など、日本にいながらも国内国外問わず、自らの資産がますます当局に丸裸にされていくことは容易に予想されます。

まずはそうした流れや変化をすぐに察知すべく、情報収集のアンテナを高く保ち、正しい知識をつけて速やかに行動していくことが、己の資産を守っていくことに繋がります。

ぜひこのGIA通信を通して、大切な資産の作り方・増やし方、そして守り方を徹底的に学びましょう!
【残りあと2日】締め切り間近です!
《HSBC香港セミナー》第1章プレゼント!
みなさんこんにちは! 海外投資勉強会担当:長谷川です^ ^

2016年開催の
【HSBC香港7不思議スッキリ解明セミナー】
第1章【HSBC香港口座を作る理由】
プレゼントキャンペーンを開催中です(^O^)/


ご確認いただきましたか? 申込み締め切りまで、あと2日!! まだの場合はぜひお急ぎください!
多くの投資家様にご覧いただいた【HSBC香港7不思議スッキリ解明セミナー】
この注目すべき点は、みなさまからの評価の高さです^ ^

セミナー本編(全6章)は、95%の方が「満足・大満足」と評価をし、そして今回のキャンペーンでは、第1章だけの公開にもかかわらず、81%の方が「満足・大満足」と評価をしています^ ^

そんな情報をここで見逃してしまっては、とんでもなく勿体無いですよね(>_<)
今回のキャンペーンの内容は先週のGIA通信にてご案内していますので、こちらからご確認ください!
そして! セミナーをご覧いただいた後はアンケートのご回答までお忘れなく(o^^o)
ご回答いただいた方には、素敵な2大特典をご用意しています!

「HSBC香港口座を活かしたい!」そんな皆様のお声から誕生した
《HSBC香港口座 〜開設したら進化しました*事例レポ!〜》

そして! 口座開設を終えたみなさんが高確率で抱える疑問にお答えする
《HSBC香港 入金方法まとめ》

口座開設のその先にある多くの海外投資を取り扱う、弊社だからお届けできる特典です^ ^ 頂戴したアンケートは一つ一つ大切に拝見をし、お問い合わせには一つ一つ大切にご回答させていただいています。

この2大特典までどうぞお見逃しなく!
この機会をぜひご活用ください^ ^
編集後記
月曜頃から少し熱っぽく感じ、 「あれ、風邪でもひいたかな・・・」程度に思っていましたら、その晩からひどい下痢が続き、翌日には嘔吐もしてしまい、、、

なんかインフルエンザとは症状が違うし、丸1日経っても変わらないので、ネットで色々調べてたら・・・まるっきり同じような症状を発見!

その正体は・・・「ノロウィルス」

これをお読みの方で、ノロウィルスに罹った経験がある方はお分かりになるかと思いますが、、、
・・・これ、マジでやばいです。

汚い話で恐縮ですが、もう、上からも下からも、、、流出が止まらない・・・
しかも1日中下痢してるのでお尻の痛みが尋常じゃないのです。。

これも調べててわかったことですが、お尻がヒリヒリして痛いのは、単に紙で拭きすぎて発生するだけではなく、 アルカリ性の腸液が一緒に排出され、お尻周辺の粘膜というか皮膚というか、いわゆるタンパク質を溶かしてしまうから、痛みが倍増するみたいですね。。。(恐ろしい・・・・)

その情報を知ってからというもの、もう出すのも怖いから必死で我慢するし、でも、いくら我慢してもお腹が痛くなるし、、、1日中トイレにこもって悶絶するという苦い経験をしました。

先週バンコクにいた時に毎日屋台でご飯を食べてたので、その中の何かがあってしまったのか?
はたまた日本に来て、電車の中とかで誰かからもらってしまったのか?

原因はわかりませんが、冬場は特に威力を発揮するようですので、 みなさんも手洗いやうがいを馬鹿にせず、 しっかりと予防されることをお勧めします!
以上、今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
それでは、次回のアカデミー通信でまたお会いしましょう!
※本メールの内容は事前の書面による許可なく複製、複写、転載、転送する事を禁じます。
※本メールは、投資にご興味を持って頂いた方に特別にお送りしているメルマガで、投資学習用に作成されています。
 記載されている内容は、情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。
※ご紹介している事例や数値、市場動向の見通しなどは、この文章を書いた時点での数値を元にした参考例であり、
 将来の利回りや運用成果、市場環境の変動等を保証するものではありません
バックナンバーはこちら
メールアドレスの変更配信解除利用規約個人情報保護の方針お問い合わせ

※メールマガジン配信設定後に退会された場合、退会当日、または翌日にメールが届く場合があります。
何卒ご了承ください。

Global Investment Academy
Rm. 501A, Ocean Centre, Tsim Sha Tsui,Kowloon, Hong Kong
info@academy-global-investment.com

Copyright(C) GLOBAL INVESTMENT ACADEMY All Rights Reserved.

このメールはGIA通信に登録された方にお送りしております。