GIA通信 -vol.188-「剛腕新大統領が国を変え、未来をも変える可能性」

GIA通信 -vol.188-「剛腕新大統領が国を変え、未来をも変える可能性」

giamm-188_thumb

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角です。

先週木曜から3日間
フィリピンのマニラへ行ってました。

今、フィリピンといえば
あれですよ、あれ。

どこもかしこも、あればかり。

考えただけでもぞっとしますが
思いっきりその洗礼を受けてきました。涙

続きは【編集後記】にて

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
治安を改善するには手段を選ばず
新大統領のやり方に国民の反応は?
■□━━━━━━━━━━━━━□■

今フィリピン国内だけでなく
世界的にも注目を浴びているのが
フィリピンの新大統領になった
ロドリゴ・ドゥテルテ氏。

中央政界での経験がほとんどない彼は
何万人もの犯罪者を殺害すると公約して
見事当選を果たしました。

そして大統領選後の1ヶ月半あまりで
殺害された犯罪者の数は1000人を超え
うち400人超が自警団を称する
何者かに殺害されているという事実。

さすがにあまりの粛清政治に
国連をはじめとする各国の人権団体から
猛烈な批判の的になっていますが

当の本人は全く気にすることもなく
「(殺害したのは)たった1000人だ」
と語り、依然として麻薬犯罪取り締まりを
強化していく姿勢を崩していません。

確かにこれまで
麻薬に身を染めていた人々は
そんな大統領のやり方に身の危険を感じ

すでに60万人以上が
刑務所に自首してきていることからも
すでに一定の成果をあげている
と評価されていますし

ある調査では
大統領の信任率が91%と
歴代最高になっていることからも
多くの国民が歓迎していると言われています。

もっと別のやり方があるだろう・・・
と、私を含めて多くの人が思うでしょうが

逆にここまで徹底的にやらないと
貧困の苦しさから軽い気持ちで手を出した
麻薬や犯罪から離れることができなかった
フィリピンの闇の深さを痛感します。

また、だからこそ
今回の麻薬撲滅運動が
フィリピンの治安を格段に
良くしてくれるはずだ!

という国民の期待が
この高い信任率にも
表れているのでしょう。

人権や道徳的な議論は
依然としてそこら中で起こるとしても

もしドゥテルテ大統領が
フィリピン全土の治安を向上させ
経済的格差を縮めることができれば

フィリピンという国は間違いなく
大きく成長していくでしょうし

今後20年、30年のスパンで考えたときに
他のASEAN諸国を引っ張っていくだけの
高い潜在能力があることは明らかです。

その時に、、、、

もしフィリピンに
不動産を所有していたら、、、、

普段からこのメルマガを通して
海外投資を学ばれているみなさんなら
そう考えるのは不思議ではありません ^^

■□━━━━━━━━━━━━━□■
魅力をあげればキリがない
アジアの病人から優等生への変貌
■□━━━━━━━━━━━━━□■

フィリピン不動産のことを書く前に
どうしてフィリピンが注目されているのか
知らない方もいるかと思いますので
簡単におさらいしておきましょう。

まず必ず最初に出てくることは
豊富な若い労働人口が多いということ。

2014年に人口1億人を突破し
インドネシアに次いで
ASEAN第2位の人口大国。

出生率が3.1とASEANの中で最高で
国民の半分が23歳以下
さらに国民の3割が15歳未満という
綺麗な人口ピラミッドを描くことから

向こう40年、50年の長期にわたって
継続的な成長が期待されています。

また、フィリピンを語る上で外せないのが
海外就労者(OFW)の存在です。

いわゆる出稼ぎなのですが
彼らが海外から送金する金額は
国のGDPの1割を占めると言われています。

OFWからの送金で
恒常的な貿易赤字を相殺し
経常利益が黒字になっているだけでなく

継続的に外貨を獲得できるので
安定的な成長が可能になっています。

また、陽気で明るい国民性と
高い英語力によって海外就労が容易になり
もともと人件費が安い国でもありますから
世界各国から引っ張りだこになっています。

さらに特徴的な点をあげると
男女平等度がアジアの中でもダントツであり
世界でもベスト10の常連国に連ねています。

女性の管理職比率は48%で世界4位と
女性のフル活用で経済もより
活性化されています。

それらフィリピンの成長性に期待し
株式市場もリーマンショック後の
2009年から右肩上がりで上昇を続け
2015年には27回の史上最高値を更新。

現在も足元で史上最高値に
再度迫る勢いを見せています。

ムーディーズを始めとする
世界的な投資格付け会社も
軒並み投資適格基準を引き上げました。

実際現地マニラに足を踏み入れますと
都市化の勢いと巨大さはものすごく

これだけ箱物をガンガン作っても
それを容易に吸収するだけの
豊富な需要が存在していることを
改めて感じることができます。

場所によっては
シンガポールよりも
タイのバンコクよりも
インドネシアのジャカルタよりも
マレーシアのクアラルンプールよりも

どこよりも勢いを感じます。

いや、ほんと、、、
マジでビビりますよ・・・・ ^^;

■□━━━━━━━━━━━━━□■
魅力的なフィリピン不動産
買うなら「今でしょ!」は本当か?
■□━━━━━━━━━━━━━□■

では、話を不動産に戻しましょう。

長い歴史の中で
基本的にどの国もそうですが
成長していく国の不動産は
必ず伴って上昇していきます。

これまで見てきたように
大きな成長が見込まれる
フィリピンも例外はなく

この国の不動産は
中長期で確実に上昇していくと思われます。
(価格の上下動はありながら、、です)

では、この国において
いますぐ不動産を買っておくべきか?

もちろん答えは
「NO(ノー)」です ^^

我々グローバルグループは
2008年頃から首都マニラの
それこそフィリピンのウォール街と
揶揄されるマカティエリアで
複数の不動産をご紹介してきました。

その頃の不動産価格と比べ
当然ながら物価の上昇はあるものの
現在の販売価格は今後の期待値も含めて
かなり高いレベルまで上昇してしまいました。

またフィリピン不動産特有の
分割支払いでの購入については
すでに物件が完成しているものは
基本全額一括での支払いとなるため
誰もが購入できる状況ではなくなりました。

ですが!!

新興国の不動産にありがちな
建設途中で完成しないリスクがなく
(すでに完成済み)

すでに内装工事も終わり
家具や家電なども設置済みで
追加にかかる諸費用が抑えられ

しかも入居者が付いているから
すぐに家賃収入が発生し

さらに販売価格自体も
当初販売していた頃の価格に近い

このような諸条件が
揃っている不動産であれば
自信を持ってみなさまにご紹介できます。

「そんな好条件の物件
 さすがにないでしょう〜?」

そうですね、、、

確かに、たくさんはないですね・・・

たくさんは、ないです ^^

■□━━━━━━━━━━━━━□■
海外投資の醍醐味である
為替を味方につけよう!
■□━━━━━━━━━━━━━□■

これから海外投資をする
あるいは海外不動産を購入するには
今、絶好の追い風が吹いています。

それは「円高ボーナス」です。

1年前のこの時期
1ペソあたり2.7円でしたが
現在は2.17円前後となっています。

例えば500万ペソの物件の場合
去年なら、日本円で1,350万円のところが
今なら、なんと1,080万円。。

物件の価値自体は
土地の値上がりも含めて
間違いなく上がっているものの

為替の影響だけで
これだけ安く購入できるチャンスは
もしかしたら今後2度とないかもしれません。。

・円高のチャンスを活かす
・安値のタイミングで購入
・安定したインカムを得る
・将来キャピタルゲインが狙える!

これぞ「海外投資の妙味!」
とも言える条件が揃っています。

我々が自信を持って勧める

・ワンセントラル
・ツーセントラル
・Reef2(セブ島)

それぞれのご紹介可能な物件情報を
内々にてご案内可能です。

ご興味がある方は
下記フォームよりお申し込みください。

▼フィリピン不動産物件資料申込フォーム
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA361

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

┌─┬─┬—————————
│編│集│
├─┼─┤
│後│記│
└─┴─┘

フィリピンのいたるところで
遭遇する、あれ。

どこもかしこも、あればかり。

まさか・・・・

密売人の死体とか!?

幸いなことに
直接目にする機会はありませんでした。。。
(テレビではグロい死体映像も・・・)

あれ、とは
アジアではどの国も
社会問題になっている
「渋滞」のことですね。

渋滞といえば
今年1月に視察で訪れたジャカルタが
1番ひどいと思っていましたが

いやいや、、、、
マニラはそれを上回る感じでした。

当たり前ですが
朝晩のラッシュアワーは特にひどく

あいにくその日は金曜日で
かつ雨が降っていたこともあり
通常30分でいける距離を
なんと3時間もかかってしまいました。

これには着いた時には
ずっと動いてないにもかかわらず
すでに疲労困憊で・・・
何もしたくなくなりました。

また、町の至る所で冠水しているし
インフラの未整備がこの街の成長の
足を引っ張っている感じも否めません。

うーん。。。

先週弊社の中村が
スイスで感じたように
私もまた異国の地において

やっぱり日本は素晴らしい国だ!
と、改めてそう思いましたね。

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました。

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

《以下、お勧めのコンテンツです》

▼HSBC香港口座を理解するにはこれ一本!
【HSBC香港7不思議!解明セミナー!】
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA346

▼ASEAN不動産はまだ終わっていなかった!
海外不動産を2000件以上販売してきた選球眼で掘り当てた
ASEAN未発掘不動産案件を一挙ご紹介!
(現在は動画セミナーのみ受付中です)
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA284

▼海外資産を持ったものの
世界各地に散らばり煩雑になっている !?
 出口戦略も具体的になく
 相続税もいくらかかるかわからないまま
 放置して、後で大きなお金を取られていれば意味がない!
 今から学ぶ、海外相続対策セミナー(動画)はこちら!
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA310

▼HSBC香港に口座をお持ちの方も
 これから開設されようという方も必見!
 『HSBCフル活用セミナー』
 セミナーダイジェスト版ができました。
 視聴無料ですので、ぜひご覧下さい^ ^
 → http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA260