GIA通信vol.169「史上最大級のスキャンダルから考える」

GIA通信vol.169「史上最大級のスキャンダルから考える」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

先日日本にいた時のこと。

コンビニで水を買おうと
ふと棚に目を移してみたら
驚きの発見が!

みなさんにとっては
今更なお話かもしれませんが
どうして今まで気がつかなかったんだと
我ながら恥ずかしくもあり・・・

続きは【編集後記】にて

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
世界中の著名人を震撼させた
過去最大級のスキャンダルとは?
■□━━━━━━━━━━━━━□■

人気女性ハーフタレントと
人気バンドのボーカルとの
ゲス不倫問題から始まり

プロ野球界の兄貴として
君臨していた大打者の覚せい剤問題

さらには大物政治家の賄賂疑惑や
“5人大満足”と茶化された不倫疑惑など、

今年に入って日本中の
お茶の間の話題をかっさらった
スプリングセンテンス・・・
改め、、「週刊◯春」。

スクープネタが次々に出てくる中、
芸能界にとどまらず
政界・経済界をも巻き込み
関係者は夜もオチオチ寝てられない
そんな状態なようですが、、、

今週そんなレベルではすまない
過去最大級のスキャンダルが
ぼっ発しました。


「パナマ文書」

このニュースは
瞬く間に世界中を駆け巡り
みなさんもすでにご存知かと思います。

オフショア(タックスヘイブン)の
1つであるパナマ諸国にあって
法律事務所としては世界第4位の
規模を誇る「モサック・フォンセカ」

この会社の内部文書が
何者かによって世の中に流出しました。

この文書の何がやばいのって、、、

現役の大統領や首相をはじめ
世界中の権力者や大富豪の名前で

資産隠しや税金逃れのための
不適切な金融取引に関わっていた
証拠が記されていたというのです。

しかもその文章の量は半端なく
1150万件もの案件・事例があり
デジタルデータとしては
2.6テラバイトに達すると言われています。

そのデータの分析・裏付けに100以上の
メディアが手分けして1年以上もかけて
調べ上げたというのですから

まさにジャーナリストたちの
“執念の塊”“努力の結晶”
と言った感じでしょう。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
「調査する考えはない」
って、一体誰を守りたい??
■□━━━━━━━━━━━━━□■

このパナマ文書で
個人名を暴露された主な著名人。

・アルゼンチンのマクリ大統領

・ウクライナのポロシェンコ大統領

・アイスランドのグンロイグソン首相

・イラクのアラウィ元首相

・サウジアラビアのサルマン国王

・カタールのハマド・ビン・ハリーファ元首長

・イギリスのキャメロン英首相の父親である
イアン・キャメロン

・ウラジーミル・プーチンの幼馴染みである
チェリストのセルゲイ・ラルドゥーギン

さらには、俳優のジャッキー・チェンや
アルゼンチンサッカー界のスーパースター
メッシなども含まれているようです。
(詳しくは一般メディアでご確認ください)

これだけでもかなりのインパクトが
ありそうですが、公表されたのは
ごくごく一部だとか。。

内容が内容なだけに
事実が明るみになったとすれば

行為自体は犯罪に当たらないとしても
自分たちの資産はさっさと外に逃し
国民に対しては増税などで
大きな負担を強いている。

これでは国民からの反感は必至ですし
間違いなくバッシングの標的ですね。

実際にアイスランドの首相は
辞任に追い込まれてますし
次々と辞任なり退陣、、、

さらには大きな社会的制裁が
加えられるのは時間の問題かもしれません。

でも、安心してください!
我々日本人の名前は一切出ていません。

いや~、さすがです!
日本の政治家や著名な経済人
さらにはスポーツ界の人たちは

どんなにたくさん資産があろうが
自国内の税金逃れのために
姑息な手段など使わず

日本国内のルールに則って
つべこべ言わずにきちんと納税し
国民の義務を果たしているのです!

だから、世界中が震撼する
こんな内部文書が出ようが

「逆に堂々とできるキッカケになるかも!」

「ありがとう。パナマ文書!」

「感謝しよう!」

ってことにはならなかったのですね ^^

日本政府も先日の会見で

「きちんと事実関係を調べた上で
速やかにかつ適切に処置します!」

・・・・・・

って、、、、言ってなーい!!!

なになに???

この文書について日本政府は
調査する考えはない、だと!?

各国政府が原因究明に向けて
本格的に調査へ乗り出しているというのに
我が国は調査さえしない!?

何か調べたら埃が出てくるのか?

誰か不都合になるから
それを守るためにこのような
調査自体を放棄するのか?

真実はわかりませんが
一体国民の誰が納得するというか、、、

不信感だけが募る一方です。。。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
パナマ文書が出たって
HSBC口座が筒抜けだって
いいじゃないか!
■□━━━━━━━━━━━━━□■

大切なことですから
もう一度この問題を整理しておきます。。

タックスヘイブンである
オフショア諸国に法人を作って
その会社に資産なり不動産なりを
所有・管理させること自体は
違法という訳ではありません。

もちろんマネーロンダリングや
不正な取引で得たお金ではない!
という前提はつきますが。。

でも、問題なのは
その国のトップなりリーダーが
国民に対しては消費税などの
課税・増税を繰り返し

富裕層に対しては
税金逃れとして後ろ指を指し
それを防止する法律を
作っているかかわらず

そうした彼らがこぞって
租税回避スキームをうまく利用して
資産を海外に逃がしている、この事実。

そして、、、
日本政府は調査もろくにせずに
そもそも「我関せず」的な
スタンスを示しているのは
全くおかしいというか

完全にズレている
としか言いようがありません。
よっぽど都合が悪いのでしょう。。

また、身近な例として
HSBC香港の口座も
日本当局に筒抜けだから気をつけろ!

とかよく言われていますが
いいじゃないですか、見られたって。
(感情論は別にして・・・)

何か見られては困るようなお金なり
裏の取引があるから必要以上に敏感になり
ひいては「海外投資はリスクがある!」
だのと、おかしなことを言い出すのです。

まるで資産分散がいけない行為
であるかのように言われるのは
全く馬鹿げた話です。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
我々グローバルグループが
目指すべき姿・進むべき道を考える
■□━━━━━━━━━━━━━□■

我々グローバルグループは
みなさんの資産分散の一環として
今後伸びていくであろう海外での
成長国を中心とした不動産投資を
お勧めしているだけでなく

資産運用には欠せないお金に関する
知識と知恵を身につけてもらうべく、

我々が海外で実践して学んだことを
みなさんにもお伝えしています。

あわよくば税金を逃れようだとか
ましてや法律を犯そうだとかいう
考えを持つ人には一切共感しませんし

相談を受けた段階できちんとご説明し
我々の方から丁重にお断りしております。

日本と海外で
それぞれ違うルールがあり
それをしっかり守った上で
個々のお客様の目的に沿った形を
ご提案していく。

そのためのお手伝いなら
喜んでさせていただきますし
それこそが我々グローバルの
目指すべき姿ではないかと。

どこにバレてもおかしくない。
誰に突っ込まれても恥ずかしくない。

決して小手先のテクニックや
一時的な抜け道で資産を築かせたって
それは一時的には喜ばれるものの

本当にお客様のことを
考えてのことではないし
決して本物のアドバイスとは言えません。

最終的にはお客様に信頼され
感謝される資産運用のアドバイスを
個人的にも会社全体としても
引き続き行っていきたいと思います。

パナマ文書のリークや
これまでの日本政府の対応などをみて

改めて我々がやるべきこと
進むべき道を考えさせられた
そんな出来事でした。

みなさんはどう感じましたか?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

┌─┬─┬—————————
│編│集│
├─┼─┤
│後│記│
└─┴─┘

あくまでもコンビニでのお話ですが
水の販売価格の逆転現象が
起きてるんですね!

いろいろなメーカーによって戦略が違うので
全部がそうだとは言えませんが

たとえば、「いろはす」(コカコーラ)
の場合、、、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■ 555ml の水 = 100円(税込108円)

■ 1555ml の水 = 91円(税込98円)

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

量が3倍程度も違うのに
555mlの方の価格がそれよりも安いとは!

さすが日本のメーカーさんは
マーケティングをよくわかっていらっしゃる。。

私が知ってる限り
(といっても今回初めて知ったので
大したことないでしょうが、、、orz)

東南アジアでこの手の価格設定を
している国はないでしょう。

「価格を決めるのはコストではなく
需要と供給、そして戦略である」

はて、これを投資の世界の中で
どう活用していくか、、、

難しいですね ^^;

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました。

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

《以下、お勧めのコンテンツです》

▼ASEAN不動産はまだ終わっていなかった!
海外不動産を2000件以上販売してきた選球眼で掘り当てた
ASEAN未発掘不動産案件を一挙ご紹介!
(現在は動画セミナーのみ受付中です)
→  http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA284


▼海外資産を持ったものの

世界各地に散らばり煩雑になっている !?
出口戦略も具体的になく
相続税もいくらかかるかわからないまま
放置して、後で大きなお金を取られていれば意味がない!
今から学ぶ、海外相続対策セミナー(動画)はこちら!
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA295

▼11月&12月に実施したセミナーの予想大的中!
世界経済が混乱する中、今投資すべきは金と仮想通貨!
株や債権が難しい中で大きな伸びを見せている、、、
まさに“今”大きなチャンスのある投資手法とは?
金と仮想通貨それぞれの動画セミナーはこちら!

(11月ゴールド資産運用セミナー)
→  http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA296

(12月第4回仮想通貨セミナー)

→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA297

▼HSBC香港に口座をお持ちの方も
これから開設されようという方も必見!
『HSBCフル活用セミナー』
セミナーダイジェスト版ができました。
視聴無料ですので、ぜひご覧下さい^ ^
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA260