GIA通信vol.168「国から資産を守る唯一の方法」

GIA通信vol.168「国から資産を守る唯一の方法」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

全国4会場を渡り歩き
成功裏に終わった海外不動産セミナーを終え
久しぶりにバンコクに戻ってきました。

日本ではようやく桜が咲き始めたというのに
ここバンコクでは夏到来!という暑さ・・
さすがに汗が滴り落ちます ^^;

そんな中、パスポートを持って
病院へいそいそと・・・

一体どうしたというのか?
続きは【編集後記】にて。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  海外口座は何のために必要か?
   改めて考えてみましょう!
■□━━━━━━━━━━━━━□■

普段みなさんは
日本で生活してるのですから
日本の銀行口座だけで十分なはずなのに
なぜわざわざ海外に口座を作るのでしょう?

クレジットカードの枚数が増えたら
管理が面倒くさいように

口座も数が増えちゃったら
面倒くさいことこの上ない
感じですけれど、、、

でも、何かいいことがあるから、
あるいは必要だからこそ
みんな今、やっきになって
海外に口座を作ってるのですね。。

あなたは将来のくるべき時のために
備えはしっかりできてますか?

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  自分で借金を作っておいて
 勝手に人のお金を取り上げる政府
■□━━━━━━━━━━━━━□■

過去世界の歴史の中では
政府が国民の財産を

「問答無用!」
(と言ったかどうかは分かりませんが)
^ ^;

とばかりに回収しちゃった
出来事がたくさんありました。

1927年。
日本では関東大震災が起こった後
台湾銀行が経営破綻をしたことをきっかけに
日本の全ての銀行で取り付け騒ぎが起き
日本政府は全銀行に閉店命令・支払い猶予令を発令。

国民は自分の資産を
引き出したくても
引き出せない状態となりました。

政府はこの猶予期間中に
不健全銀行を全て倒産させたのですが
対象となった銀行に口座を持っていた人は
平均で40%もの残高を失いました。

1947年。
日米・日中戦争の戦争債の返済に
困った政府は新しい円を発行しました。

と同時に政府は
戦争債は返さなくて良いといって
踏み倒してしまいましたが
戦争債を買っていたのは国民です。

1990年。
ブラジルではハイパーインフレを収めるために
全ての銀行預金・証券口座を封鎖しました。

預金口座については
1口座あたり7万円程度以外、
強制的に全額没収となりました。

2001年。
アルゼンチンでは
全ての銀行口座が凍結されました。

預金封鎖の期間は12ヶ月続き
1ヶ月250ドルの引き出ししか
できなくなりました。

外貨建ての預金に関しては
政府の決めた不利な交換レートで
強制的にペソに交換されてしまいました。

2013年3月。
キプロスの第二の銀行規模を誇る
ライキ銀行が破綻しました。

10万ユーロを超える部分の預金に関しては
1回かぎりの特別課税という方法で
10万ユーロを超える部分が全額没収。

1日の引き出し限度額、カードの使用も
それぞれ低い限度額を設定されました。

まさか、そんな横暴が許されるわけない!
と思うわけですが、、、
国や政府は、国民の資産を強い力で
奪ってしまうことがあります。

今挙げたそれぞれの主な原因は
政府が自ら抱えた借金です。

返済に困ってしまい
自分の首が回らなくなり
国民の財産に手をつけてしまったのです。

財政を根本的に解決せず
借金に頼り、債券を大量発行し続けた結果
それまで頑張って貯蓄している国民に
そのツケが回ってきてしまうのです。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  自分の資産を国から守るために
   自らができることとは?
■□━━━━━━━━━━━━━□■

日本の解決の糸口の見えない借金問題は
知らない方はいないでしょう。

政府が国債をバンバン発行し、
それを日本銀行が買い取り
市場にお金が回る。

異次元金融緩和はいつ止まるのか、、
誰にもわかりませんし、
もしかしたら黒田総裁さえ
分かってないかもしれません・・・

2015年度の一般会計予算96.3兆円超のうち
40%は新たに債権を発行して支えていました。

そして先日29日
2016年度予算案が前年を4000億円超える
96.7兆円超で参議院本会議で採決されました(汗

政府歳入は減り、
国債の償還や社会保障費は拡大していくため、
今後も国債の発行に頼らざるを終えません。

それどころか、日本国内だけでなく
中国バブルの崩壊をはじめとした
外的な要因もたくさんありますから、
あと何年、今の状態を保てるのか。。

そんな状況ですから、
最終的には借金をチャラにしてしまう
ウルトラCを取る時がいずれ来るかもしれません。

超インフレによる債権価値の希釈なのか
さらなる増税なのか、口座の没収なのか
はたまた新幣の発行なのか・・・・

一体政府はどんな手を使って
借金をなくしていくというのでしょうか?

現状すでに危機に瀕している日本が、
所詮どんな手を使ったとしても
私たち個人は自らの資産を守れるように
しておかなければなりません。

じゃあどうするのか・・・

GIA通信を以前からお読み頂いている
賢い皆様であればご存知のように、
海外を活用することをお勧めしています。

海外投資をするということは
攻めの姿勢で資産を増やすことではなく
自らの資産を溶かさないようにすること。

言い換えれば
あくまでも資産分散としての
海外への投資ということなのです。

海外不動産投資のように
最初から大きな金額も必要なく
誰もが参加できるハードルの低い
最初の第一歩としての口座開設なのです。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
    2つの現地勉強会は
 個々の目的に応じて参加しよう!
■□━━━━━━━━━━━━━□■

弊社では現在
海外の口座開設ができる勉強会を
2つ同時に開催しています。

香港とロシア。
2つの国の銀行です。

1)HSBC香港

世界71の国と地域に広がり
4,700万人の顧客をサポートしている
HSBCグループの香港の銀行です。

使い勝手のよいインターネットバンキングは、
日本国内にいながら預けた資産を
管理することができます。

そしてさらなる海外投資の際にも
あなたの海外資産の拠点として
強力なツールとなってくれます!

日本人が一番多く開設している
香港でのHSBC。

扉が閉まる前に是非お急ぎください。


▼HSBC香港口座開設勉強会、開催レポートはこちらです^ ^

http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA308

2)ロシア・PRIMORIE 銀行

成田から飛行機で2時間半でいける
日本から1番近いヨーロッパ
「ウラジオストック」

日本でいう地方銀行で、
ウラジオストックでは大手の銀行を
ご紹介します。

現在1年ものの定期預金の金利は
なんと 8.9%!
(35万ルーブル未満8.7%)

実はロシアにも
銀行が倒産しても預金は政府に守られる
ペイオフの制度もあるのです。
(上限が決まっています)

だからといって
ロシアの銀行が安全だ!
というわけではなく、

あくまでも
自らの資産を国や通貨で分ける
という意味でリスク分散にもなりますし、

何よりこの高金利!
攻めと守りが同時に出来るのが
ロシアでの銀行口座のメリットです!

また、定期預金なので
ネットバンキングを使って
たびたび動かす必要はありませんが、

自動更新が可能なので、複利の効果で
資産は時間の経過とともに増えていきます。

かつ、海外投資において大事なこととして
現在ロシアの通貨・ルーブルが安いので
将来的に大きな為替差益を享受することが
十分期待できます!

たんに海外口座といっても
様々な国や種類がありますが

・預けて大丈夫な国なのか?
・その銀行の財務体質はどうなのか?
・預けた後、どんなメリットがある銀行なのか?
・自分にとってその後の目的に合っているか?

まずはそんな目線をもって
政府に取り上げられる前に
大切な資産をしっかり守るために
ご自身の海外口座を作ってみてください!

各勉強会の次回の開催はどちらも4月末です。
予定をチェックしていただき、
ぜひご参加ください!

<HSBC香港口座開設・海外投資勉強会>

▼詳細とお申し込みはこちら
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA309

<ウラジオストック口座開設・投資勉強会>

▼ウラジオストク口座開設・投資勉強会の詳細はこちら
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA302


▼ウラジオストク口座開設・投資勉強会申込はこちら

→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA303

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

┌─┬─┬—————————
│編│集│
├─┼─┤
│後│記│
└─┴─┘

バンコクで就労するためには、
滞在していい権利(ビザ)の他に
労働許可証、通称ワークパーミッドが
必要になります。

ワークパーミッドは
一度取得したとしても、
年に1回更新の手続きがあって、
その度に健康診断を受けなくてはならず

今回は帰国してすぐに
メディカルチェックアップをしました。

タイは意外にも医療が進んでおり
世界中から医療目的だけに来る
メディカルツーリズムが盛んです。

私が今回お世話になった病院も
日本人専用のカウンターだけでなく
いくつかの国に対応したサービスがあり
とても安心して受診することができます。

しかも、一通りの健康診断を受けて
かかった費用は、たった1000バーツ。

全額自己負担となりますが
約3,200円程度で世界最高峰レベルの
サービスを受けれるのはありがたいです!

みなさんも観光ついでに
健康診断を受けることをお勧めします!

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました。

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

《以下、お勧めのコンテンツです》

▼ASEAN不動産はまだ終わっていなかった!
海外不動産を2000件以上販売してきた選球眼で掘り当てた
ASEAN未発掘不動産案件を一挙ご紹介!
(現在は動画セミナーのみ受付中です)
 → http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA284

▼海外資産を持ったものの
世界各地に散らばり煩雑になっている !?
 出口戦略も具体的になく
 相続税もいくらかかるかわからないまま
 放置して、後で大きなお金を取られていれば意味がない!
 今から学ぶ、海外相続対策セミナー(動画)はこちら!
 → http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA295

▼11月&12月に実施したセミナーの予想大的中!
世界経済が混乱する中、今投資すべきは金と仮想通貨!
 株や債権が難しい中で大きな伸びを見せている、、、
 まさに“今”大きなチャンスのある投資手法とは?
 金と仮想通貨それぞれの動画セミナーはこちら!

(11月ゴールド資産運用セミナー)
 →  http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA296

(12月第4回仮想通貨セミナー)
 → http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA297

▼HSBC香港に口座をお持ちの方も
 これから開設されようという方も必見!
 『HSBCフル活用セミナー』
 セミナーダイジェスト版ができました。
 視聴無料ですので、ぜひご覧下さい^ ^
 → http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA260