GIA通信vol.156「初っ端から荒れる2016年」

GIA通信vol.156「初っ端から荒れる2016年」

みなさん、こんにちは。

Global Investment Academy の
両角崇(もろずみたかし)です。

新年のご挨拶が遅くなりましたが
今年も世界中から質の高い情報を
お届けしていきますので
本年も宜しくお願い致します!

さて、年末年始をバンコクで
ゆっくり過ごしましたが
早速動き回っています。

今回の行き先は・・・
続きは【編集後記】にて

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■□━━━━━━━━━━━━━□■
  “サーキットブレーカー”
    久し振りに発動!
■□━━━━━━━━━━━━━□■

2016年が始まりました。

暦の関係で4日から仕事初め
だった方が多かったと思います。

証券市場も4日にオープンしましたが
いきなり上海株式市場で
“サーキットブレーカー”が発生し

日本の東証をはじめ
世界中の株式市場が暴落しました。

これは12月の中国の製造業
購買担当者景気指数が
低水準で推移したことや

人民元の下落を要因として
上海株式が急落したことが背景ですが

中国株式市場で初めて
“サーキットブレーカー”
が実施されるという
とんでもない事態になりました。

ここで、みなさんに質問です。

“サーキットブレーカー”
という聞き慣れない言葉ですが
その意味をご存知でしょうか?

通常滅多にない混乱の時に
先物取引において相場を安定させる為に
強制的に売買を禁止するものですが

前回この言葉が日本のメディアに
取り上げられたのは

日本の経済の向きが
大きく転換したあの時でした・・・

覚えていらっしゃいますか?

■□━━━━━━━━━━━━━□■
ついにチャイナリスクが来たか
中国初の“サーキットブレーカー”
■□━━━━━━━━━━━━━□■

2013年4月5日に
サーキットブレーカーという言葉が
メディアを賑わしました。

これはその前日の4月4日に
黒田総裁が“黒田バズーカー”を発表し

異次元金融緩和をやるよ!
と言ったことにより
市場にも衝撃が走って

国債先物市場に
大量の売り注文が発生しました。

あまりにも1日の下落幅が大きいので
市場を問答無用でストップさせたのです。

この黒田バズーカーの前は
2011年の東日本大震災の時。

その前は
2008年のリーマン・ショックの時。

その時期を見ていただければ
この“サーキットブレーカー”が
いかに異常事態か
お分かり頂けるかと思います。

その異常事態が今回中国で
初めて起こったという訳なのです。

中国では株式市場が
7%上昇もしくは下落をすると
“サーキットブレーカー”を
発動させるそうですが

7%下落したというのが
史上初めてだったという事ですね。

本メルマガでも
「世界は混乱期に入っている!」
ということを度々触れていますが

まさか2016年の初っ端から
こんな事になるとは・・・・

今年1番の関心事でもある
「チャイナリスク」

まさに激動の2016年が
幕を切って落ちようとしています。。

■□━━━━━━━━━━━━━□■
 我々の不安が現実に!?
 中国だけでなく中東でも・・
■□━━━━━━━━━━━━━□■

このサーキットブレーカーの前には
中東での紛争・宗教問題に関する
ニュースが出ていました。

サウジアラビアとイランの
対立が深まっているというだけでなく

バーレーンとスーダンが
イランとの国交を断絶するという
まさに「中東危機」が
勃発しようとしています。。

サウジアラビアは
昨今の原油価格急落で
財政が急激に厳しくなっています。

国民に節制を促していますが
国民の不満が高まっていました。

テロや暴動の懸念が
少しずつ大きくなっていましたが
年始にテロ容疑のある人物を
47人公開処刑しました。

国民の不満が高まる前に
見せしめでこのような事を
やったのでは?
などとも言われていますが

実はこの中にイランに影響力のある
ある聖職者が含まれており
イランがサウジアラビア政府に抗議。

イランはイスラム教シーア派側。
サウジはイスラム教スンニ派側。

スンニ派がシーア派の聖職者を
処刑したということで
宗派の対立構造も大きく影響しています。

同じイスラム教と言っても
なかなか問題が根深いようです。。

今まさに中東全体で
地政学的リスクが
大きく高まっているのです。

さらにいえば
サウジアラビアはアメリカ側。

対するイランはロシア側なので
米露の対立も生み出す可能性も
少なくありません。

中国だけでも相当影響が出るのに
中東もこんな調子でドンパチが
始まってしまったら、、、、

「第3次世界大戦・・・」

いやいや、、、

それだけは絶対に
避けなくてはならない・・・

■□━━━━━━━━━━━━━□■
ピンチをチャンスに変えるのは
  備えをしてきた人だけ!
■□━━━━━━━━━━━━━□■

中国経済が荒れて
中東問題もかなり加熱状態。

これはヤバイかな?と思うのですが
よくよく考えてみると
先月12月にアメリカが利上げを
発表したばかりでしたね。

アメリカの経済が安定しはじめて
世界経済にも影響が小さいので
利上げを発表したというのに
その直後に、この経済混乱・・・。

もちろん、アメリカが悪い!
と言っている訳ではありませんが ^^;

世界経済がこれ以上
悪い方向に進まないように

アメリカは一旦上げた金利を
再度下げないといけないかもしれません。

そうなれば2016年も
金利の方向性がなかなか定まらずに
金利を上げる上げないの発言1つで
市場がまた揺れることになりそうです。

経済が不安定な話は
今日はこの辺にしておきます。。

年初早々にあまりネガティブな
話はしたくないのですが

どうも嫌な感じ満載の
2016年が幕開けしたな・・・
という思いが拭えません。

でもこういう時代にだからこそ
これまでメルマガで勉強してきた
お金の知識や資産分散が
大いに生きてくる訳です!

「ピンチはチャンス!」

「“知識”は行動して
  初めて“知恵”になる!」

「知らない事は決して
 恥ずかしいことではない。
 知ろうと努力しない事がダメなのだ!」

今年も引き続きこのメルマガを通して
有益な情報発信をしていきますので
しっかり付いてきてくださいね!

■□━━━━━━━━━━━━━□■
大富豪が読む書籍から学ぶ (82)
「外貨を稼いだ男たち」
■□━━━━━━━━━━━━━□■

大富豪が読む書籍紹介コーナー
第82弾。

タイトルは
「外貨を稼いだ男たち」
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA265

私は4年以上前の
1ドル80円の円高の時から
実際に海外に身をおき

外貨を得ながら東南アジアの成長を
自らの資産形成に活かしています。

そのように自由な動きができるのは
“日本のパスポートが最強である”
という事が1つの大きな要因です。

日本人というのは
海外から信頼されており
ほとんどの国でビザ無しで入れます。

中国人であれば
ヨーロッパに入るためにも
大変な手続きが必要だったりします。

ではなぜ日本人は信用されており
日本のパスポートは最強に
なったのでしょうか?

答えは簡単です。

江戸末期の開国以降
日本人は海外に進出することが
徐々に増えていきましたが

先人の日本人達が
海外で“信用に足る”態度を
とってきたからなのです。

日本人の信用が大きいのは
本当に先人達のお陰なのです。

さて前置きが長くなりましたが
本著はそんな先人達が

開国、明治維新以降から
どのように海外で振る舞っていたか?
歴史を追っていく本になります。

どのように欧米文化を吸収したのか?
吸収した結果、工業化がどう進んだか?
1900年前半、日本は海外からどう見られたか?

そして第二次世界大戦中に
ヨーロッパで勉強をしていた
エリート達はどのような待遇になったのか?

といった内容まで
日本人がどのようにして
海外というフィールドで
地位を築いていったか
歴史を丁寧に追っている本です。

戦後に高度経済成長というのが
ありましたが

この高度経済成長は
戦前に先人達が欧米で
様々努力をしたその土壌の上で
育ったというのがよく分かります。

戦前の
“外貨を稼ぐ男たち”は
どのような行動をとっていたのか?

日本人がより好きになる本です ^^

■□━━━━━━━━━━━━━□■
お金の知恵の塊コラム
「資産形成のコツは
他人のお金を使うこと」
by がの
■□━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは。
お金の知恵の塊コラムを
担当しています「がの」です。

資産形成のコツの1つとして、

「自分のお金ではなく、他人のお金を使う」

というものがあります。

他人とは誰でしょうか?

不動産でいえば、
1.銀行
2.入居者
となります。

1,000万円の不動産を
頭金200万円で購入したとします。

800万円は銀行のお金です。
銀行を利用して800万円の
お金を得ます。

賃貸利回りが10%
借入の返済が5%

としましょうか。

こうなると?

まず、
銀行から借りたお金で、
高い不動産を買っています。

その借りたお金の返済は、
「入居者→あなた→銀行」
という流れをたどるので、

入居者が自分の代わりに、
銀行に返済してくれます。

あなたには、
賃貸利回りー返済=5%
のキャッシュが手元に残ります。

でいつの間にか、
返済期限が終了した時には、

自分の資産に
なっています。

自分のお金というのは、
最初の200万円
だけなのです^^;
(実際は管理費や税金などありますが、
 説明のために、簡略化しています。)

さて、
これだけではありません。

自分の資産となった不動産。

今度はこの資産を担保に、
銀行から融資を受けましょう。

今まで、
入居者→あなた→銀行
という形で、

返済を滞りなく、
続けていますので、

銀行と信用は
築けています。

ちょっと話が
綺麗すぎますが、

当初1,000万円で
購入していた不動産。

成長国で購入したので、
返済が完了する頃には、
2,000万円まで
値上がりしたとしましょう。

これを担保にする。

銀行から
1,500万円の融資が
おりました。

ここでのポイントは、
あくまで借入なので、
所得税がかからないことでもあるのですが、
本筋からずれるので、詳細は書きません。

どこか、年利10%の
金融商品にこのお金を
入れましょう。
(海外では珍しくないです。)

年間150万円のキャッシュ。
月々12万円程度。

これも返済があるので、
返済を差し引いて、
月々6万円程度で入ってくるとしましょう。

これプラス当初の家賃収入。

安定的にお金が
入ってくる仕組みが
築き上げられますね。

さて、資産形成の流れを
説明しましたが、

最終的なポイントは?

「自分のお金を
 ほとんど使ってないことですね^^;」

これは、
自分本位というわけではなく、

銀行も良い物件、良い債務者がいれば、
お金を貸したいですし、

入居者も良い物件があれば
住みたいわけですから、

全員にメリットがありながら、
進めれる流れなのがいいですね。
(もちろんいい不動産の場合ですが。)

これが理想形ですね!

まぁこう書いたものの、、、
今は東南アジアの不動産も高いから、
結構厳しくなりつつありますね^^;

日本を見ると
不動産等、含めて、、
お金が動きそうな景気の良い話を
前より聞くようになりました。

超低金利でお金を調達して、
日本で投資っていうのも
ありなのかな って思います。

とはいえ、、、
財政債務、少子高齢化、年金問題、地震 等、
根本的な問題は抱えたままなので、
どこまで長期でポジションを取るかは
難しいところです。

ということで、

それでは、
今回はこの辺で。

以上、
「がの」がお送りしました(^o^)/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【編集後記】

2016年1発目の出張は
香港とマカオでした。

香港では金(ゴールド)案件の
契約+金の受け取りのために

マカオでは毎年行っている
世界中に散らばっている
社内スタッフ全員を集めての
“決起会” に参加するためでした。

マカオは相変わらず
大型高級ホテルの建設が
続いているのですが

明らかに3ヶ月前と比べて
街中の人通りも少ないですし
タクシーは夜でも普通に捕まります。

そしてどのカジノに行っても
そこで遊ぶ中国人の数が
圧倒的に減っています。

メディアを通して
中国は危ないとか
逆にまだまだ平気だとか
色々と言われていますが

やっぱりこうして
定期的に現場に入って
自分の目で見て肌で感じると
リアルな姿が見えてきます。

マカオ不動産も
高値から30%程度
下がった物件もありますし

中国元が弱くなっているので
先行きを不安視して多くの中国人が
中国元から香港ドルなどに
一斉に交換しているようです。

今年こそ大きなクラッシュが
起こりそうな予感がします・・・

– – – end – – –

以上、今回も最後までお読み頂き
誠にありがとうございました!

それでは、次回のアカデミー通信で
またお会いしましょう!

両角 崇

(以下、お勧めのコンテンツです)

金(ゴールド)を保有するだけで・・・
・将来的な値上り益が享受できる
・毎月安定した収入が入る
・値下がりリスクがほぼゼロ
・小額から参加できる
「秘密の“金”案件」をご案内する
GLOBAL流 最新「金」資産運用セミナー(動画)を公開します!

▼セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA236

HSBC香港に口座をお持ちの方も
これから開設されようという方も必見!
『HSBCフル活用セミナー』
セミナーダイジェスト版(約2分) ができました。
視聴無料ですので、ぜひご覧下さい^ ^
▼HSBCフル活用セミナーダイジェスト動画はこちら!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA260

海外投資の酸いも甘いも
たくさん経験してきた我々Globalが
「海外不動産投資において
こんな案件あったらいいのにな・・」
を形にした素晴らしい案件をご紹介致します!

▼メルマガ講座の登録はこちらから
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA246

▼Global Investment Academyが提供する
世界各国から収集した海外投資のノウハウを凝縮した
数々のイーブックをお届け!!
http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIA33