【週半ばにして目紛しい世界経済動向。

【週半ばにして目紛しい世界経済動向。

f162ef0ecca1111210ab

【週半ばにして目紛しい世界経済動向。
 華金には注目の・・・】
 
前回ドイツ銀行の問題について
記載しましたが、
 
 
米司法省への支払いは
140億ドルから54億ドルと
大幅に減額されたところで
決着となりそうとのことで、
株価は持ち直してきました。
 
 
HSBCのアナリストによると、
「ドイツ銀行には短期的な
 信頼感低下に対応する力がある」
とのことでしたが、、、
 
 
う〜ん。。。
 
 
ドイツ銀行の経営については
調べれば調べるほど怖いものがありますので、
個人的には気を抜かずウォッチしていった方が
いいのではないかと思っています。
 
 
何か怪しい動きがあったら
シェアしていきますね^^
 
 
また、ブレグジットにも
動きがありましたね。
 
 
英国のメイ首相が
「2017年3月末までに
 EU離脱を正式に通告する」
と述べました。
 
 
実際に離脱となるまでには
2年の期間が設けられるわけですが、
貿易や移民などの問題について、
 
 
できるだけ良い条件で決着がつくと
いいですよね^^
 
 
ただ、いいとこ取りだけでの決着は
当然EUも許さないでしょうから、
せめて大きな混乱が起きないよう、
善処してほしいと思っています。
 
 
これも展開によって、、、
というか、事態の善し悪しで
大きく上にも下にも振れるものなので、
引き続き要チェックですね^^
 
 
あと、
9月のアメリカISM製造業景況指数が
予測を上回ったこと、
 
 
ECB(欧州中央銀行)の
テーパリング(金融緩和策縮小)観測が
広まったこと、
 
 
アメリカ地方連銀総裁が
利上げに前向きの発言を行い、
利上げ観測が高まったことなど、
 
 
週半ばにして世界が目紛しく動いている今週ですが、
金曜には米国雇用統計も発表されますので、
ぜひ注目しておいてください^^
 
 
ふぅぅ〜・・・
 
 
市場の動きを見ているのは楽しいですが、
こう動きが早いと一つ一つ状況を把握するのに
苦労してしまいますね^^;
 
 
皆さんには
できるだけ分かりやすく
解説するようにしていますので、
 
 
何か分かりづらいことなどありましたら
お気軽にコメント頂ければと思っております。
 
 
それでは
引き続きよろしくお願い致します^^
 
 
以上、
最後までお読み頂きありがとうございます。
 
 
こちらの記事が参考になった
という方は、シェア、コメントをお願いいたします。
 
 
※誹謗中傷するコメントは受け付けませんので
ご了承ください。
 
 
筆:こやま
 
 
————————————————————————
▼大好評頂いております!
 
毎週日曜日配信、弊社無料メルマガ!
 
投資のアルファベットから玄人向けの案件に、
 
世界経済の情勢、金融まで!毎週濃いコンテンツをお届けします
 
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIAchie03