【任天堂 ポケモンGOの影響と株価リスク】

【任天堂 ポケモンGOの影響と株価リスク】

2058a24c37ecc8ea1dde

【任天堂 ポケモンGOの影響と株価リスク】
みなさんこんにちは!中村です(*´∇`*)
ポケモンGOが大ブームを起こしています!
 
まだポケモンGOの概要を知らない方は、
こちらをご覧下さい♪
https://youtu.be/lKUwVYUKii4
 
 
そして海外での加熱ぶりを取った動画がこちらです。
http://news.aol.jp/2016/07/12/pokemon-go/
 
 
沢山の大人が、挙ってポケモン狩りをしています(笑)
 
 
日本国内でも、もう少しで発売開始!
一つの社会現象を引き起こす事は間違いありません!
 
中国版ツイッター「微博」では、
「ポケモンGOで遊ぶな。米日が中国の秘密基地を探査できるようにしたものだ」
という呼び掛けがでていたりもします(汗)
 
 
そして、この人気に合わせて、
任天堂の株価は急上昇!!
 
 
この2週間ほどで、
15,000円から、27,780円まで急上昇!
株価はほぼ倍まできています。
 
 
ノリノリな任天堂の株価ですが、
この価格が適正かどうか、
冷静な目で見る必要もあるかと思います。
 
 
今の任天堂の時価総額は約3兆円となっています。
通常、EBITDAの5〜10倍ほどとなります。
 
※EBITDAとは、財務分析上の概念の一つ。
 税引前利益に、特別損益、支払利息、
 および減価償却費を加算した値のことです♪
 

そうなると、任天堂のEBITDAは、
3,000億〜6,000億程必要となります。
 
 
現在世界で最も売れているスマホゲーム、
『クラッシュ・オブ・クラン』を販売するスーパーセルの、
昨年のEBITDA(償却前営業利益)でも約1,000億円です。
 
 
そして、大事なポイントは、
実は『ポケモンGO』は任天堂が販売していません。
 
 
「ええっ!?」と思われそうな事実ですが、
任天堂が32%出資する株式会社ポケモンと、
グーグルのスピンオフのナイアンティックという会社が、
共同で開発・販売をしたものなのです。
 
 
今回の位置情報を活用した技術も、
ナイアンティックが元々所有している技術を活用しています。
 
 
ですので、これからポケモンGOで上がる収益は、
折半をされて行く事を考えても、
今の時価総額は高過ぎかも?
と言うのが冷静な判断かも知れません。
  
  
あともう一点、今週末は、円安が進みました。
任天堂の株は、トヨタなどと同様に、
海外での売上の影響が大きいので、
円安に触れる時には株価が上がります。
 
 
逆に円高の時には株価が下がるので、
人気と円安が重なっての要因での上昇です。
 
 
なので、もし明日からの為替が、
円高に触れると、案外簡単に、
株価が落ちて行く可能性もあります!
そこらへんの兼ね合いもウォッチする必要がありそうです。
 
 
もちろん、私としても、素晴らしい企業が活躍し、
経済に刺激を与えてくれる事は、とってもウェルカムなので、
できればこれからもどんどん上昇して欲しい所ですが、
 
 
投資の鉄則
『安値で掴み、高値で売るはOK!!』
『高値で掴み、安値で売るはNG!!』
 
 
ということを意識して頂き、
冷静な判断をした上で、
参入されることをお勧め致します♪
( ̄^ ̄)ゞ
 
 
以上、中村からお伝えさせて頂きました!
次回もお楽しみに!
 
 
まだ、私、中村とお友達なってない方、
ぜひお友達になりましょう!
申請承認100%ご希望頂ける方は下記より申請下さい♪
https://www.facebook.com/kohei.nakamura2
————————————————————————