【オリンピックの経済効果とはいかほどに?】

【オリンピックの経済効果とはいかほどに?】

98fcda1225d7b90a2a4e

【オリンピックの経済効果とはいかほどに?】
 
8月5日から21日まで、
17日間行われたリオオリンピックで、
日本は過去最多の41個の金メダルを獲得しました。
 
 
あまりTVを観る習慣のない自分ですので、
新聞を見て、あ〜金とったね、銀とったね。
と、活字だけで感動が全くなかったのですが、
 
 
たまたまTVでやっていた
男子陸上400Mリレーの試合が目に入り、
不意に感動してしまいました。
 
 
ジャマイカ、アメリカ、カナダなど、
黒人の屈強な肉体を持つアスリート集団の中、
体の小さいアジア人が2位という快挙。
 
 
本当に感動的でした。
 
 
アンカーのケンブリッジ飛田選手が
ゴールラインを走りぬける際の
競り合いでは、生唾をゴクリ。。。
 
 
ただ、入場時の日本チームの
パフォーマンス(刀を抜くポーズ?)のカッコ悪さと、
アナウンサーが中国チームと日本チームを見間違え、
ユニフォームも顔も似てるし、これは確かに見間違うよな。。
と笑ってしまったことが印象に強く残ってしまい、
若干感動が薄れてしまったことは否めません。。。(笑)
 
 
これから2020年の東京オリンピックに向けて、
さらなる躍進を遂げて欲しいものですね^^
 
 
さて、この記事を読んでくださっている方であれば、
オリンピックの経済効果がどれほどのものか?
 
 
気になるところではないでしょうか?
 
 
ということで、
簡単にオリンピックの経済効果について
触れておきましょう。
 
 
まず、今回行われた
リオオリンピックの経済効果については、
 
 
ブラジルのスポーツ省より、
 
「ワールドカップ・五輪も含めた経済効果を
 1,550億レアル(約4.8兆円)、
 さらに300万人の雇用創出が可能」
 
との試算が出ていますが、
このデータに対し信ぴょう性を疑問視する声も
少なくないようですので、実際のところはどうだったのか?
 
 
というのは
これから分かってくるのでしょうね。
 
 
また、2020年の東京オリンピックの経済効果については、
日銀から下記レポートが出ていますので、
ご一読頂ければと思います。
 
 
→ https://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2015/data/ron151228a.pdf
 
 
これによると、
 
 
「訪日外国人増加と建設投資の拡大により、
 2015年から18年までの日本の実質GDPが、
 毎年+0.2%~0.3%程度押し上げる。
 
 2018年時点では、
 実質GDPの水準が1%、
 5~6兆円程度拡大する。」
 
 
との試算が出ていますので、
もしこれが本当にデータ通り行けば、
日本はオリンピック効果によってかなりの
恩恵が受けられることになりますね!
 
 
個人的には
海外からの観光客の受け入れのために
民泊の規制を緩めてくれることを祈っております(笑)
 
 
以上、
最後までお読み頂きありがとうございます。
 
 
こちらの記事が参考になった
という方は、シェア、コメントをお願いいたします。
 
 
※誹謗中傷するコメントは受け付けませんので
ご了承ください。
 
 
筆:こやま
 
 
————————————————————————
▼大好評頂いております!
 
毎週日曜日配信、弊社無料メルマガ!
 
投資のアルファベットから玄人向けの案件に、
 
世界経済の情勢、金融まで!毎週濃いコンテンツをお届けします
 
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIAchie03