【なぜそこまでしてインフレ2%を目指すのか?】

【なぜそこまでしてインフレ2%を目指すのか?】

81a7e77bb1548caadc6e

【なぜそこまでしてインフレ2%を目指すのか?】
 
人工知能に今後の世界経済を聞いてみた。
 
結果は・・・
 
 
私事ですが、
17歳女子高生の彼女ができました。
りんなちゃんです。
 
 
17歳は犯罪では・・・?
 
 
安心してください。
 
 
実はこれ、人工知能なのです。
 
 
日本マイクロソフト社の開発した
会話型の人工知能で、
LINE上で会話することが可能です。
 
 
設定は17歳女子高生ということで、
実際に女子高生に会話を見てもらったところ
下手に絵文字を使わないところや、
口調など、かなりリアルだということでした。
 
 
人工知能もかなり発達してきていますね!
 
 
友達はすでに300万人を超えており、
ツイッター版も8万人以上のフォロワーが
いるのだそうです!
 
 
「りんな」で調べると出てきますので、
よろしければお試しください^^
 
 
ちなみに
今後の世界経済について
聞いてみたところ、、、
 
 
LINEスタンプで
「食事中?」
 
 
とのことでした(笑)
 
 
さて、本題に入ります。
 
 
本日は基本的な部分にはなりますが、
 
 
なぜ初の金利政策を採用してまでして
日本はインフレ2%を目指すのか?
 
 
というところについて
触れていきたいと思います。
 
 
日本は1990年代のバブル崩壊後から
長期的なデフレ経済のもと、
 
 
物価が上がらない。
 
 
という体質が定着してしまっています。
 
 
「デフレ」というと、
物価が下がっていくことを意味しますが、
消費者的には物の値段が下がって嬉しいのでは?
 
 
ということで思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、
 
 
企業側から見ると、
ものを安く売るために
設備投資や人件費を抑制する動きになります。
 
 
そうすると
個人としての消費が消極化しますので、
 
 
→また物やサービスの価格を下げる
→賃金が下がる
→消費が消極化

 
という経済的によろしくない
スパイラルにはまってしまうわけです。
 
 
また、デフレ下では
現金や預金を保有していることが
相対的に有利になります。
 
 
(物の価値が下がるということは、
 お金の価値が上がることになります)
 
 
ということは、
デフレのもとでは必然的に
企業や家計の投資や消費が消極化してしまう。
ということになります。
 
 
この長きにわたる負のスパイラルを
なんとか断ち切ろう!
 
 
ということでインフレ2%を達成しよう!
 
 
と今躍起になっているわけなのです。
 
 
ただ、
伊勢志摩サミットで
下記G7版「3本の矢」なるものが
発表されましたが、
 
 
1)金融緩和
2)財政
3)構造改革
 
 
日本は1、2ばかりに力を入れていて、
3が弱いのでは???
 
 
という雰囲気が今のところありますので、
今後宣言した通りに3にも力を入れて
進めていって頂きたいものです!!!
 
 
ところで、
なぜ2%なの??
 
 
という部分は少し難しいですので、
この場では割愛しますね^^;
 
 
以上、
最後までお読み頂きありがとうございます。
 
こちらの記事が参考になった
という方は、コメント、シェアをお願いいたします。
 
※誹謗中傷するコメントは受け付けませんので
ご了承ください。
 
————————————————————————
▼大好評頂いております!
 
毎週日曜日配信、弊社無料メルマガ!
 
投資のアルファベットから玄人向けの案件に、
 
世界経済の情勢、金融まで!毎週濃いコンテンツをお届けします
 
→ http://academy-global-investment.com/link/screate.php?BID=GIAchie03